Hoversurf、ドバイ警察とホバーバイク運用に向けてトレーニング開始

2018-11-28 掲載

テクノロジーエキスポ「GITEX」にてドバイ警察のイメージカラー、グリーンとホワイトの塗装を施したホバーバイクが披露されてから1年、カリフォルニアのベンチャー企業Hoversurfは新モデル、そして自社の電動垂直離着陸機(eVTOL機)が優れているという証拠を引っ提げて帰ってきた。

2017年にドバイ警察と契約を交わしたHoversurfは、新型ホバーバイク「S3 2019 Hoverbike」の初回生産分を出荷し、同時に警察官の飛行訓練も開始された。ドバイ警察人工知能部門責任者のBrigadier Khalid Nasser Alrazooqi氏によれば、今回のeVTOL機はアクセスの困難な地域への緊急対応に使用されるとのことで、2020年までには運用を開始したいという。

現在、警察官2名が飛行訓練中で、これからどんどん人数を増やしていきたい

と同氏は語った。

Hoversurf最高執行責任者(COO) Joseph Segura-Conn氏によると、理想とされる訓練候補者は、オートバイが運転できるほか、ドローンの操縦経験がある人物だという。Segura-Conn氏によれば、

ドバイ警察の特権として、いくらでも注文を受け付けるとのこと。来月か再来月、追加受注があるかどうかが決まります。必要なら30機でも40機でも用意します

一般市民でも15万ドルで注文が可能だが、この新テクノロジーが扱えると証明できた場合にのみ注文を受け付けるという。本機は米国の連邦航空局ガイドラインに則っており、飛行に特別なパイロットライセンスなどを必要としない。 「S3 2019」の製造場所は未だ明らかになっていないが、Segura-Conn 氏は「世界の3つの企業と交渉している」とコメントした。その内の1つはドバイにある企業だという。

▶︎Hoversurf

関連する記事

ヤマトホールディングス、将来の新たな空の輸送モードの構築に向け、ベルヘリコプターと基本合意書を締結

2018年10月12日、日本のヤマトホールディングス株式会社は、米国テキストロン社傘下のベルヘリコプターと将来の新たな空の輸送モードの構築に向け、基本合意書を締結したことを発表した... 続きを読む

8人に1人が「無人航空機に乗りたくない」との結果

ビジネス航空と個人飛行の将来を考え、改革する場であるRevolution.Aeroのリサーチ(*1)によれば、「無人航空機に乗りたい」と答えたのは全体の13%とのこと。男性は5人に... 続きを読む

フィリピン人発明家、一人乗りドローンDIYし、発表

元フィリピン人ダンサー、俳優、カメラ・オペレーターでもあるKyxz Mendiola氏が、発明家デビューし、パッセンジャードローンを発表した。 Mendiola氏のドローンに... 続きを読む

Ehang、戦略的自己破産へ?パッセンジャードローンの商業化に向けての秘策

今年5月に破産申請を行った中国ドローンメーカーEhang社。リチャード・リウCFO(最高財務責任者)によれば、破産申請は単なる「社内の戦略調整」であり、パッセンジャードローンの商業... 続きを読む

ロールスロイス、ファーンボロー国際航空ショーにてEVTOL(電動垂直離着陸機)プロジェクト発表

ロールスロイスは、ファーンボロー国際航空ショー2018にてコンセプト段階のEVTOL(電動垂直離着陸機)プロジェクトを初公開した。この機体は、個人用移動手段としてはもちろん、公共交... 続きを読む