DJI、手持ちタイプのDJI史上最も小さい3軸メカニカルジンバル「Osmo Pocket」を発表

2018-11-29 掲載

DJIは、手持ちタイプの3軸メカニカルジンバル「Osmo Pocket」を2018年12月15日に発売する。希望小売価格は税込44,990円。

Osmo Pocketは、本体サイズ121.9mm×36.9mm×28.6mm、重量116gと同社史上最も小さい3軸メカニカルジンバル。1/2.3″CMOSセンサー、80°の視野角(FOV)、F2.0の絞りを搭載。100Mbpsの4K/60fps動画や、1.55μmのピクセルサイズの12MP写真も撮影可能。ISOは写真・動画ともに100-3200。収録メディアはmicroSDカード。内蔵デュアルマイクと高度ノイズキャンセリングのアルゴリズムを使用して、映像に合わせて高品質オーディオが録音できる。

アクティブトラック/モーションラプス/3×3パノラマなどの機能を搭載。また、ユニバーサルポートを使えば、 Lightning端子もしくはUSB-C端子を搭載したモバイル端末を接続可能。専用アプリのDJI Mimoが自動的に立ち上がり 、モニターとして使用可能。また、アプリのメニューには、インテリジェント機能と録画モードが搭載されている。

ストーリーモードでは、プリセットされた様々な音楽やビデオトランジション、カラーリングで、動画をより創造的に編集可能。10種類の楽しいテンプレートから1つ選択すると、Mimoがカメラの動きをコントロールする。撮影後は、Mimoが短編動画を自動的に生成し、すぐにシェアすることができる。ストーリーモードは今後のファームウェアアップデートで使用可能になる予定。さらに、撮影設定をより細かく調整したい場合は、「Proモード」を使用することでISO感度、シャッタースピード、露出、ホワイトバランスなどを撮影シーンに応じて設定可能。

ジンバルカメラに内蔵された1インチの一体型タッチスクリーンで映像を確認しながら撮影可能

また、直観的に操作できる機能で写真撮影の幅を広げ、全体的なカスタマイズも可能。プロモードでは、絞り/ISO/シャッタースピードなどのカメラパラメーターを手動で調整可能。RAW形式の写真やD-Cinelikeの動画も撮影できる。

同梱品
主な仕様

(以下、同社Webサイトより引用)

■一般

  • 寸法 121.9×36.9×28.6mm
  • 重量 116g

■カメラ

  • センサー 1/2.3 “CMOS
  • 有効画素数:12M
  • レンズ FOV:80°F2.0
  • ISO範囲 写真:100-3200
        ビデオ:100-3200
  • 電子シャッタースピード 8s-1 / 8000s
  • 最大画像サイズ 4000×3000ピクセル
  • 静止画モード シングルショット、パノラマ、Timelapse、Motionlapse
  • ビデオ解像度 4K Ultra HD:3840×2160
    24/25/30/48/50/60p FHD:1920×1080 24/25/30/48/50/60
  • ビデオ録画モード オート
  • 最大ビデオビットレート 100Mbps
  • サポートされているファイル形式 FAT32(≤32GB)、exFAT(>64GB)
  • フォトフォーマット JPEG/JPEG + DNG
  • ビデオフォーマット MP4/MOV(MPEG-4 AVC/H.264)
  • サポートされているSDカードMicroSD(最大容量:256GB)
  • 音声出力 48KHz AAC

■ジンバル

  • 制御可能な範囲 パン:-230°~+50°
           チルト:-95°~+50°
           ロール:±45°
  • 最大制御可能速度 120°/s

■電池

  • タイプ LiPo
  • 容量 875mAh
  • エネルギー 6.738Wh
  • 電圧 7.7V
  • 動作温度 0°-40°C(32°-104°F)
  • 稼働時間 140分
  • 充電時間 73分
DJI Osmo Pocket
DJI Osmo Pocket(SYSTEM5)
[Category:]
[TAG : ]

この記事に関連する商品

関連する記事

株式会社COMPASS、DJI RoboMaster S1に対応するロボットプログラミング教育カリキュラムを提供

株式会社COMPASSは、DJI JAPAN株式会社が2019年6月12日に発表した教育用ロボット「RoboMaster S1」に対応するロボットプログラミング教育カリキュラムを、... 続きを読む

DJI、教育用ロボット「RoboMaster S1」を発表!中国に続き日米でもRoboMasterスタート!!

DJIは、同社初となる地上走行ロボット「RoboMaster S1」を2019年6月12日に発売した。希望小売価格は税込64,800円。専用コントローラー、予備のゲル弾、バッテリー... 続きを読む

[田路昌也の中国・香港ドローン便り]Vol.09 Osmo Action、Pocket、Mavic 2 Pro、混在した映像の色調を統一するために

3種類のDJI製品で色調を統一する 先日、中国広東省・恵州市にある西湖を訪れました。恵州市は香港に隣接する深センからバスで1時間ほどにある日系企業が多く進出する街です。 ... 続きを読む

DJI、6月11日に新製品発表か?次は地上を駆け巡る?

先日のOsmo Actionの発表の興奮冷めやらないDJIだが、またしても6月11日(北米時間:日本国内は12日)に新製品を発表する。そのティザーが公開された。 ... 続きを読む

DJI、「第10回 学校・教育総合展」に出展。Tello EDUを使用した小中学校向けプログラミング教育カリキュラム試案を実演

DJIは、2019年6月19日(水)から6月21日(金)までの3日間、東京ビッグサイト/青海展示棟で開催される「第10回学校・教育総合展(Education&School Trad... 続きを読む