DJI、手持ちタイプのDJI史上最も小さい3軸メカニカルジンバル「Osmo Pocket」を発表

2018-11-29 掲載

DJIは、手持ちタイプの3軸メカニカルジンバル「Osmo Pocket」を2018年12月15日に発売する。希望小売価格は税込44,990円。

Osmo Pocketは、本体サイズ121.9mm×36.9mm×28.6mm、重量116gと同社史上最も小さい3軸メカニカルジンバル。1/2.3″CMOSセンサー、80°の視野角(FOV)、F2.0の絞りを搭載。100Mbpsの4K/60fps動画や、1.55μmのピクセルサイズの12MP写真も撮影可能。ISOは写真・動画ともに100-3200。収録メディアはmicroSDカード。内蔵デュアルマイクと高度ノイズキャンセリングのアルゴリズムを使用して、映像に合わせて高品質オーディオが録音できる。

アクティブトラック/モーションラプス/3×3パノラマなどの機能を搭載。また、ユニバーサルポートを使えば、 Lightning端子もしくはUSB-C端子を搭載したモバイル端末を接続可能。専用アプリのDJI Mimoが自動的に立ち上がり 、モニターとして使用可能。また、アプリのメニューには、インテリジェント機能と録画モードが搭載されている。

ストーリーモードでは、プリセットされた様々な音楽やビデオトランジション、カラーリングで、動画をより創造的に編集可能。10種類の楽しいテンプレートから1つ選択すると、Mimoがカメラの動きをコントロールする。撮影後は、Mimoが短編動画を自動的に生成し、すぐにシェアすることができる。ストーリーモードは今後のファームウェアアップデートで使用可能になる予定。さらに、撮影設定をより細かく調整したい場合は、「Proモード」を使用することでISO感度、シャッタースピード、露出、ホワイトバランスなどを撮影シーンに応じて設定可能。

ジンバルカメラに内蔵された1インチの一体型タッチスクリーンで映像を確認しながら撮影可能

また、直観的に操作できる機能で写真撮影の幅を広げ、全体的なカスタマイズも可能。プロモードでは、絞り/ISO/シャッタースピードなどのカメラパラメーターを手動で調整可能。RAW形式の写真やD-Cinelikeの動画も撮影できる。

同梱品
主な仕様

(以下、同社Webサイトより引用)

■一般

  • 寸法 121.9×36.9×28.6mm
  • 重量 116g

■カメラ

  • センサー 1/2.3 “CMOS
  • 有効画素数:12M
  • レンズ FOV:80°F2.0
  • ISO範囲 写真:100-3200
        ビデオ:100-3200
  • 電子シャッタースピード 8s-1 / 8000s
  • 最大画像サイズ 4000×3000ピクセル
  • 静止画モード シングルショット、パノラマ、Timelapse、Motionlapse
  • ビデオ解像度 4K Ultra HD:3840×2160
    24/25/30/48/50/60p FHD:1920×1080 24/25/30/48/50/60
  • ビデオ録画モード オート
  • 最大ビデオビットレート 100Mbps
  • サポートされているファイル形式 FAT32(≤32GB)、exFAT(>64GB)
  • フォトフォーマット JPEG/JPEG + DNG
  • ビデオフォーマット MP4/MOV(MPEG-4 AVC/H.264)
  • サポートされているSDカードMicroSD(最大容量:256GB)
  • 音声出力 48KHz AAC

■ジンバル

  • 制御可能な範囲 パン:-230°~+50°
           チルト:-95°~+50°
           ロール:±45°
  • 最大制御可能速度 120°/s

■電池

  • タイプ LiPo
  • 容量 875mAh
  • エネルギー 6.738Wh
  • 電圧 7.7V
  • 動作温度 0°-40°C(32°-104°F)
  • 稼働時間 140分
  • 充電時間 73分
DJI Osmo Pocket
DJI Osmo Pocket(SYSTEM5)
[Category:]
[TAG : ]

この記事に関連する商品

関連する記事

RYZE Tech、「TELLO IRON MAN EDITION」発売開始。君もアベンジャーズに仲間入り!?

RYZE Techは、MarvelとDisneyと共同で「TELLO IRON MAN EDITION」を発表。Tello、Tello EDUの成功に基づいて構築されたTello ... 続きを読む

[田路昌也の中国・香港ドローン便り]Vol.07 Osmo Pocketでの撮影幅が広がる各種フィルタ4選

Osmo Pocketを楽しくする各種フィルタ2019現在 前回は Osmo Pocketを使ったタイムラプスやモーションラプスを撮影方法を紹介しました。今回は Osmo Poc... 続きを読む

DJI、シンジェンタジャパンと業務提携に向けて覚書締結

写真左:シンジェンタジャパン株式会社 代表取締役社長 的場稔氏、右:DJI JAPAN 株式会社 代表取締役 呉韜氏 DJI JAPAN株式会社と、シンジェンタジャパン株式会... 続きを読む

DJI、ドローンデータを収集、可視化、分析する「DJI Terra」を発表

DJIは、ドローン空撮データをデジタル3Dモデルや地図に変換し、分析と意思決定を容易に実現する新しいソフトウェアツール「DJI Terra」を本日より発売開始した。DJI Terr... 続きを読む

DJI、SkyPixel 2018年度空撮写真コンテスト「Aerial Storytelling Contest」の受賞者を発表

DJIが運営する空撮写真・映像コミュニティーサイトSkyPixel(スカイピクセル)は、2018年の「Aerial Storytelling Contest」の受賞者を発表した。D... 続きを読む