手のひらサイズ小さな三軸ジンバルカメラ「OSMO POCKET」発表

2018-11-30 掲載

ティザーサイト公開で注目されていたDJI 新製品発表会が29日午前都内の会場で行われた。今回の製品は同社のドローンにも搭載されている高性能三軸ジンバルを活用した全長12cmの小型高性能カメラ「OSMO POCKET」だ。12月15日発売で希望小売価格は44,900円(税込)となる。

これまでもコンパクトな手持ちジンバルカメラとして「OSMO」や「OSMO MOBILE」がリリースされてきたが、今回のOSMO POCKETは手のひらのなかにすっぽり収まる超小型サイズ。発表会では、DJI JAPAN呉韜社長のプレゼンテーションから始まったが、スッと取り出したOSMO POCKETが初めから握られていたことに全く気づけ無いほどだった。

気になるスペックは、1/2.3インチセンサー、80°の視野角(FOV)、100 Mbpsの4K/60fps動画が撮影可能。写真も12MPの高解像度写真(4000×3000px)にも対応している。本体には1インチのモニターも搭載されており、スマホ等のデバイスを接続しなくても映像を見ながら撮影することができ、細かい設定も変更可能だ。

また、DJIドローンユーザーにはおなじみの自動追尾機能「アクティブトラック」や、その進化版「フェイストラック(顔を認識して被写体をフレームの中心に自動調整)」などのインテリジェント機能も充実。そのほかにも「タイムラプス&モーションラプス」「FPVモード(カメラの水平固定)」「パノラマモード(広角写真)」により、さまざまな遊び方ができそうだ。

DJI公式ビデオより

発表会では、屋外の広い庭で体験会も開催された。いろいろと試した映像がこちら。

実際に持ってみての第一印象は、「とにかく軽い!そして映像が滑らか!」という印象。最近、一眼カメラ用心バル「Ronin-S」を使用した事があったのだが、普段あまり使わないことからその重さで翌日筋肉痛になってしまった。その点、この軽さであれば一日中撮影しても支障なさそうだ。

そしてカメラジンバルを手にすると頭をよぎる意地悪な考え。「君は、どこまで手ブレを抑えられるのかな?」と思い、モデルさんに軽く走ってもらっての撮影。結論としては、商業的な映像制作にも耐えうるジンバルのパワーを体感できた。とは言え、カメラの設定やレンズの選択は限定的なのでライトユーザーにぴったりの製品といえる。

また、発表会では「モテクリエイター」の菅本裕子(ゆうこす)氏と「パルクールパフォーマー」のZEN氏も登壇。特にゆうこす氏のギラギラにデコられたOSMO POCKETを見ると、日常の撮影ツールとして女子のカバンに入っていても違和感がない。

発売後は、さまざまな周辺アクセサリーやアプリ内自動編集機能も搭載される予定とのこと。ちょっとしたお出かけや旅行、デート、特別な記念日の記録に、そのパワーを発揮してくれそうだ。

▶︎DJI OSMO POCKET
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

DJI、「初心者向けドローントレーニングカリキュラム」を提供開始

DJIは、「DJIの教科書 ゼロからはじめる ドローントレーニング」の提供を6月より開始し、全国のドローン講習団体向けにカリキュラム説明会を2日間にわたって開催する。 ドロー... 続きを読む

DJI、「DJIドローンミニチュアコレクション」がまもなくライナップ!

DJI JAPAN株式会社は、株式会社タカラトミーアーツが発売するガチャ(カプセル玩具)商品「DJIドローンミニチュアコレクション」に監修協⼒することを発表した。全国のカプセル⾃販... 続きを読む

[Report Now!]OSMO ACTION発表会で実機を触ってきた感想あれこれ

OSMO ACTIONの全貌が!5月16日開催されたDJI JAPANの新製品「Osmo Action」発表会の様子をレポートします!発表会は虎ノ門にあるTHE COREで11時か... 続きを読む

DJI 、電子式映像ブレ補正RockSteadyを搭載したハンドヘルドカメラ「Osmo Action」を発売

DJIは、前面と背面にカラースクリーンを内蔵し、電子式映像ブレ補正RockSteadyを搭載した同社初となるハンドヘルドカメラ「Osmo Action」を2019年5月17日に発売... 続きを読む

DJI、OSMO ACTION発表!GoProを超えていく!?

いよいよ噂されていたOSMO ACTIONがアナウンスされた。いわゆるアクションカムでGoProとほぼ同じジャンルとなる価格は、税込み44820円。発売は、5月17日より。 ... 続きを読む