KDDI、 4G LTEスマートドローンによる、スタジアムでの広域警備の実証実験に国内初成功

2018-12-19 掲載

KDDI株式会社は、セコム株式会社と埼玉スタジアム2002の協力のもと、モバイル通信ネットワーク (4G LTE) および人物検知機能に対応したスマートドローンによる、スタジアムでの広域警備の実証実験に国内で初めて成功したという。

機体には、PRODRONEの新型機PD8Xが採用された

本実証実験では、高高度で広域監視する俯瞰ドローンが、AIを活用した人物検知機能によりリアルタイムに不審者を自動検知し、その位置情報を特定しする。さらに、地図と連動した運航管理の指示により、低高度で巡回監視する巡回ドローンが不審者のもとへ自動で急行し、監視センターに警告を通知する。今回はリアルタイムの不審者検知を実現するため、それぞれのドローンにAIを搭載し処理を行っているという。機体にはPRODRONEの新型機が採用されている。

本実証実験の実施にあたり、同社は飛行エリア周辺の3次元地図情報、天気・風況情報、上空電波情報を運航管理システム上で確認できる新たな運航管理システムを開発。
これらの情報を用いた飛行の予約・承認機能により、遠隔からでも事前に遠隔監視システム上で飛行予定エリアの安全性を確認し、飛行可否を判断することが可能となったという。

また、セコムは運航管理システムを警備で利用する際の要件定義を行い、情報提供機能に対応した新たな運航管理システムを開発したことで、警備への活用以外にも、設備点検や災害対策などドローンの活躍が期待される他の分野への活用も可能となるという。

また「通信とライフデザインの融合」を推進し、”ワクワクを提案し続ける会社”として、「スマートドローンプラットフォーム」を活用しドローンが活躍する社会の実現を目指すことで、新しい体験価値を創造していくという。 なお、本実証実験は、NEDOの「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト (DRESSプロジェクト) における、「警備業務に対応した運航管理機能の研究開発」の一環として実施。

▶︎KDDI
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

Drone Tokyo 2019 Racing & Conference 「ドローン前提社会を目指して」 カンファレンス開催レポート

Drone Tokyo 2019 Racing & Conference カンファレンスが、東京モーターショーのシンポジウムとして、11月1日(金)に東京ビッグサイト会議棟にて開催... 続きを読む

登壇者多数。11月1日、ドローンカンファレンスDrone Tokyo 2019 Racing&Conference開催

Drone Tokyo 2019 Racing&Conference実行委員会は、2019年11月1日13~18時まで、東京ビッグサイトでドローンの産業利用実現を目指したカンファレ... 続きを読む

PRODRONE、東京モーターショーに「SUKUU」「燃料電池ドローン」出展

対話型救助用パッセンジャードローン「SUKUU」 株式会社プロドローン(以下:PRODRONE)は、2019年10月24日~11月4日まで、4日まで「第46回東京モータ... 続きを読む

「5Gドローン」活用した山岳登山者見守り実証実験実施~上空からの4K映像伝送による遭難者の状況把握で救助負担軽減に寄与~

実験に使用されたPRODRONE製ドローン 国立大学法人信州大学(以下:信州大学)、長野県駒ヶ根市、KDDI株式会社(以下:KDDI)、株式会社プロドローン(以下:PRODR... 続きを読む

PRODRONE「PDH-02C」で伊藤選手が14連覇、FAI/F3C 日本選手権2019開催

PRODRONE製PDH-02Cを使用している選手たち 写真右から、伊藤雅紀選手(19位)、鵜飼大樹選手(12位)、須釜一博選手(27位)、煤田義広選手(32位)、森安伸選手(1... 続きを読む