DJI、赤外線カメラ搭載の産業用ドローン「Mavic 2 Enterprise Dual」を発表

2018-12-21 掲載

DJIは、産業用ドローン「Mavic 2 Enterprise Dual」を2019年1月上旬に発売する。市場想定価格は税込40万円前後。

FLIRシステムズ社と共同で開発したMavic 2 Enterprise Dualは、Mavic 2シリーズのコンパクト設計を踏襲し、2018年10月に発表したMavic 2 Enterpriseの特徴である多くの制御技術とアクセサリー拡張性が搭載されている。効率的なレポートと分析を行うため、Mavic 2 Enterprise Dualで温度を測定し、画像と温度データを容易に保存が可能。公共施設の点検業務から緊急事態への対応など、さまざまな業務オペレーションや一刻を争う任務に必要な情報を即座に提供するとしている。

FLIR MSX。可視画像と熱画像をリアルタイムで統合

Mavic 2 Enterprise Dualは、可視光を捉える4Kセンサーと、サーマル画像データを捉えるFLIR Leptonサーモグラフィーマイクロカメラを一つのユニットに収容した3軸ジンバルカメラを搭載。これら2つのセンサーにより、パイロットは夜間や霧、煙の立ち込める日中の複雑な環境下でも飛行させることが可能。DJI Pilot飛行制御アプリの複数のインテリジェント表示モードから選択し、デュアルセンサーカメラのデータを可視化できる。

(以下、プレスリリースより引用)

  • FLIR MSX®–FLIRの特許取得済みMSX(マルチスペクトルダイナミックイメージング)は、忠実度の高い可視光カメラデータを赤外線カメラのデータにリアルタイムで統合する機能です。視覚的ディテールが協調されるため、肉眼ではすぐに確認できない重要なデータを素早く特定し、解釈することができます。
  • スポットメーター–対象物の平均温度が表示されるため、操縦者は安全な距離を保ちながら、重要な対象物の温度測定や危険な環境を判断することに役立ちます。
  • エリア測定–各エリアの平均温度、最低温度、最高温度および対応する場所を表示し、検査員が対象物を迅速に評価し、過熱しているかどうかを判断できます。
  • 等温線設定–操縦者は、カスタムカラーパレットを使用し、表示させる特定の温度範囲を指定できるため、範囲内の対象物を、より高い対比で表示し、視認性を向上させます。この機能により、レスキュー隊が捜索救援活動で遭難者を特定したり、消防士が現場で火災現場でのホットスポットを特定したりできるように、プロファイルをカスタム化できます。さらに柔軟に対応できる様にカスタムプロファイル設定もあります。

また、Mavic 2 Enterpriseのアクセサリー全てに対応し、DJI Pilot飛行制御アプリで操作可能。

(以下、プレスリリースより引用)

  • スポットライト–輝度2,400 ルーメンのデュアルスポットライトで、暗闇や低照度環境下の作業をサポートします。スポットライトは、人命救助や点検業務において最良なツールです。
  • スピーカー–最大出力音量100デシベル(距離1m)の拡声スピーカーで、ユーザーは最大10種類の録音したカスタム音声を再生できるので、人命救助などの緊急時に周辺付近への重要なコミュニケーション手段になります。
  • ビーコン–米国連邦航空局(FAA)の夜間適用免除基準を満たすM2Eビーコン(白色閃光等)は、最大で3マイル先(約5km)からでも目視可能な明るいストロボライトを搭載しています。操縦者は、低照度環境下や夜間であってもより安全に業務を遂行でき、また近くを飛行するドローンや航空機に対しても注意喚起します。

Mavic 2 Enterprise Dualは、Mavic 2 Enterpriseと同様に、重要な業務における写真や動画、フライトログ、その他のデータを保護する新機能を搭載。産業向けのMavic 2 Enterpriseは、24GBの内蔵データストレージとパスワード保護機能を搭載しており、ドローンの機能と保存されたデータのすべてのアクセスへの強化を実現。パスワード保護を有効にしている場合、ドローンの起動時、送信機とドローンの接続時やドローンの内蔵ストレージにアクセスした際に、パスワードの入力が求められるので、ドローンに物理的な障害があった場合でも、データを保護しながらドローンと内蔵データストレージへの安全なアクセスを提供するとしている。

iOSまたはAndroid端末と同様に、GPSタイムスタンプが映像が撮影された時刻とデータを記録する

新しく搭載されたGPSタイムスタンプ機能は、撮影された画像ごとに時間と位置情報を記録するため、操縦者の報告義務をサポートするとともに、ドローンで撮影したデータの信頼性を向上させ、重要なインフラ点検業務や合法的な治安維持に活用できるとしている。

加えて、データセキュリティに更なる安全性を求めるユーザーは、ローカルデータモード機能を利用することで、ユーザーが接続しているモバイル端末からのインターネットへのデータ送受信を停止することができる。

また、操縦者の状況認識を強化し、空域の安全性を高めるDJIのAirSense技術を搭載。AirSenseは、機体と一体型のADS-B信号の受信機を使用し、近くにいる航空機 やヘリコプターの情報を操縦者に自動で警告し、DJI Pilotアフプリから位置警告をリアルタイムで表示する。これにより、過密した空域や複雑なオぺレーション(山火事の鎮圧や災害復旧、インフラ設備監視など)で飛行しているオぺレーターに更なる安全性を提供するとしている。

DJIのOcuSync 2.0動画伝送システムを搭載しており、電磁干渉の高い都市部などの環境下であっても、ドローンと送信機間の接続がさらに安定している。同システムは2.4GHzおよび5.8GHzの両周波数帯に対応。自動切替にも対応し、アッフプリンクとダウンリンクのデータストリームに異なる周波数を利用することも可能(日本国内は2.4GHzのみ利用可能)。

Mavic 2 Enterprise Dualには、静かで効率的な飛行を実現するプロぺラとあわせて、DJIのFOC正弦波ドライバーが採用されており、約31分の最大飛行時間と72km/hの最大速度を実現。さらに、自己発熱型バッテリーで-10℃の低温環境であっても、ドローンは確実に性能を発揮するという。

DJI Mavic 2 Enterprise Dual

関連する記事

ドローンラボ、「DJIの教科書ゼロからはじめるドローントレーニング」を全国で開講

株式会社ドローンラボは、DJI JAPAN株式会社が開発した「DJIの教科書ゼロからはじめるドローントレーニング」の提供を受け、ドローン初心者(ビギナー)向けカリキュラムを、仙台・... 続きを読む

システムファイブ、「DJIドローン展示説明会」を開催。ドローンにもロボットにも会える!

株式会社システムファイブは、2019年6月20日(木)に「DJIドローン製品説明会」を開催する。会場は東京・半蔵門のPROGEAR半蔵門ショールーム。 DJI RoboM... 続きを読む

株式会社COMPASS、DJI RoboMaster S1に対応するロボットプログラミング教育カリキュラムを提供

株式会社COMPASSは、DJI JAPAN株式会社が2019年6月12日に発表した教育用ロボット「RoboMaster S1」に対応するロボットプログラミング教育カリキュラムを、... 続きを読む

DJI、教育用ロボット「RoboMaster S1」を発表!中国に続き日米でもRoboMasterスタート!!

DJIは、同社初となる地上走行ロボット「RoboMaster S1」を2019年6月12日に発売した。希望小売価格は税込64,800円。専用コントローラー、予備のゲル弾、バッテリー... 続きを読む

DJI、6月11日に新製品発表か?次は地上を駆け巡る?

先日のOsmo Actionの発表の興奮冷めやらないDJIだが、またしても6月11日(北米時間:日本国内は12日)に新製品を発表する。そのティザーが公開された。 ... 続きを読む