Lift Aircraft、パッセンジャードローンで「楽しい」飛行体験を提案

2018-12-27 掲載
(C)Lift Aircraft

UberやAirbus、Porscheといった企業が自社のパッセンジャー・輸送ドローンをマイナーアップデートし続ける中、まだあまり名の知られていないあるベンチャー企業が全く別のアプローチを図ろうとしている。Lift Aircriftは、既存の都市部ドローン・モビリティのロジスティクスや規制枠組みに囚われずに、18機のローターを搭載する自社のヘキサコプターでの短時間のレクリエーションフライトを提案している。約195キロの重量を誇るこのドローンは、1人を乗せた状態でおよそ10分から15分ほどのフライトが可能で、来年にも一般利用が可能になるという。

Liftは、アメリカ25都市の「景色が美しく、渋滞のない地域」にある拠点でのフライト体験が楽しめるとしている。ヘキサコプターは「本物の」の航空機とされていないため(超軽量動力機という扱い)、パイロットライセンスは不要だ。しかし同時に、最大でも90メートル程度の高度でしか飛行できず、人口密集地帯の上空を通ることができないという制約もある。

サービスの概要については以下の通りだ。一回当たりの利用料金は150ドルから200ドルほどで、まずはVRトレーニング・シュミレーターを一通りクリアする必要がある。搭乗するパイロットは満18歳以上でなければならず、身長195センチ以下、体重114キロ以下の条件を満たしている場合のみ操縦できる。フライトの時間は15分ほどで、搭載されているコンピュータが機体の安定を保ち、パイロットはジョイスティックとiPadを使用してドローンを操縦する。

さらに安全面を強化する措置として、18のローターのどれかがバッテリー切れを起こした際には自動的に着陸するシステムが採用されている。また、エンジンが最大6つ停止している状態でも飛行可能で、パラシュートや水面着陸用のフロートも完備している。

予約受付は開始したばかりだが、Liftはまだ最初のロケーションを決めかねている。Matt Chasen最高経営責任者以下のようにコメントした。

拠点周囲の地域には、頭上を大きなドローンが飛び回ることに慣れていただかなければなりません。

機械音はそこまでうるさくはありませんが、極端に静かというわけでもないのです。多人数乗りの垂直離着陸エアタクシー、特に固定翼飛行への移行が可能なデザインのものが実現するのはおそらく10年先で、実用性と安全性の確保のために新たな法規制やバッテリー技術の大幅な進歩が必要になってきます。そういった大規模な技術革新や法規制の突破を延々と待ってはいられなかったのです。我々は他社より何年も早くフライトを実現します。

それでも同氏は、自社のドローンと、交通手段というよりは純粋に「楽しい」飛行体験へのフォーカスが、他のドローンメーカーとの競争においてスタートダッシュを切ることにつながるという自信を見せている。

▶︎liftAircraft
 

関連する記事

DRONE FUND、3号ファンド設立。目標調達額100億円、ドローン・エアモビリティ社会実装を牽引

投資先企業(一部)のプロダクトイメージ DRONE FUND(以下:ドローンファンド)は、2020年5月に目標調達額を100億円とする「DRONE FUND 3号投資事業有限... 続きを読む

スカイリンクテクノロジーズ、空飛ぶクルマのコンセプトは「どこでもドアの一歩手前」 [Japan Drone 2020]

スカイリンクテクノロジーズ株式会社は、パーソナル・プレーン・開発・プロジェクト「P.P.K.P」の模型を展示し、2025年には有人機完成を目指すという構想を披露した。コンセプトは「... 続きを読む

Autoflight、V400発表、つづく新eVTOL機ライナップもアナウンス〜Yuneec創始者が見る夢は?

中国とドイツを拠点とするAutoflightは、物流や旅客輸送のためにさらなる大型eVTOL開発を行っている。最新貨物用ドローン“Albatross(V400)”を中国深圳で開催さ... 続きを読む

SkyDrive、「有人機SD-03」で公開飛行試験成功

株式会社SkyDriveは、2020年8月25日に同社の開発拠点である、1万m2の屋内飛行試験場を備えた豊田テストフィールドにて公開有人飛行試験を実施し、成功のうちに完了したことを... 続きを読む

Amazon、自動運転のZoox社を買収

Zooxは、「乗客のことを第一に考え、自律走行技術をゼロから設計することで、ライド・ハイリングの未来を開拓している先進的なチーム」と表現されており、ZooxのCEOであるAicha... 続きを読む