DJI、内蔵ディスプレイ搭載のスマート送信機を発売。モバイル端末なしで操作可能に[CES2019]

2019-01-09 掲載

DJIは、CES2019でDJIドローン用の送信機の新製品を発表した。2019年1月8日より販売開始しており、希望小売価格は税込83,700円。

同DJIスマート送信機は、誰でも使用できる空撮技術を作り出す、という従来からのコンセプトに基づき開発された。DJIドローン技術を中心に構築されたアクセサリーのエコシステムを拡張するとしている。

5.5インチの1080p内蔵ディスプレイを搭載

スマート送信機に内蔵された5.5インチスクリーンを使用して、パイロットはモバイル端末に接続することなく、ドローンを素早く空中に飛行させることが可能。スマート送信機は、同社のOcuSync 2.0動画伝送システムを使用するMavic 2 ZoomやMavic 2 Pro(※DJI Mavic 2 Enterpriseシリーズは今後の更新で対応予定)などのドローンと組み合わせることでフルHD解像度で表示することができる。

内蔵マイクとスピーカーを搭載。HDMIポート経由でH.264およびH.265コーデックの4K/60fps動画を再生可能

また、通常のスマートフォンの2倍の輝度である1000cd/m2の高輝度ディスプレイを搭載し、直射日光の下でも最適な視認性を実現。カスタマイズが可能なAndroidダッシュボードは、DJI GO 4とDJI Pilot(※DJI Pilotアプリは今後の更新で対応予定)に対応し、編集プログラムなどのサードパーティ製アプリにも対応している。DJI GO 4アプリには、ドローンカメラの映像をFacebook、InstagramなどのSNSにライブ配信できるSkyTalkを含むいくつかの新機能も搭載している。もう一つの新機能であるDJI GO Shareは、送信機からモバイル端末へ簡単に映像を転送することが可能。スマート送信機は2時間半のバッテリー駆動時間と-20℃~40℃の厳しい環境下でも動作する性能があり、飛躍的な信頼性をもたらすとしている。

なお、CES2019の同社ブース(South Hall/ブースNo.25602)では、3軸ジンバルカメラOsmo Pocketを含むDJIの全てのスタビライザー製品とドローンを展示。その他にも、ワークショップや、実践的な製品デモも開催している。

DJIスマート送信機
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

[Reviews]Vol.34 Mavic mini出かける前の写真レビュー!ワクワクが止まらない速報レビュー [前編]

「その時、日本が驚く」というティザーサイトのキャッチコピー通り、日本のドローンユーザーが驚いた(ドローンユーザーだけでなく?)199gという航空法対象外の本格空撮ドローン「Mavi... 続きを読む

システムファイブ、「DJI Mavic Mini展示会&デモフライト」を開催

株式会社システムファイブは、2019年11月7日(木)に「DJI Mavic Mini展示会&デモフライト」を開催する。会場は東京・半蔵門のPROGEAR半蔵門ショールーム。 ... 続きを読む

「長野県ドローンショートフィルムコンテスト2019」開催中!

信州キャンペーン実行委員会は、「長野県ドローンショートフィルムコンテスト2019」を開催する。協力はDJI JAPAN株式会社。作品応募期間は2019年10月21日~12月25日ま... 続きを読む

DJI、3軸ジンバル搭載の折りたたみ式フライカム「Mavic Mini」を発売。重量わずか199gの日本特別モデルを開発

DJIは、いつでも使えるフライカムとして設計された超軽量折りたたみ式の「DJI Mavic Mini」を2019年11月中旬に発売する。本日より予約受付を開始。希望小売価格はスタン... 続きを読む

[速報] DJI MAVIC mini発表!199gを実現!!日本特別仕様

2.7Kカメラ、三軸ジンバルを備えた199gのDJI MAVIC mini(日本版)が2019年10月31日に発表された。前日に北米で発表されたDJI MAVIC miniと機体仕... 続きを読む