DJI、内蔵ディスプレイ搭載のスマート送信機を発売。モバイル端末なしで操作可能に[CES2019]

2019-01-09 掲載

DJIは、CES2019でDJIドローン用の送信機の新製品を発表した。2019年1月8日より販売開始しており、希望小売価格は税込83,700円。

同DJIスマート送信機は、誰でも使用できる空撮技術を作り出す、という従来からのコンセプトに基づき開発された。DJIドローン技術を中心に構築されたアクセサリーのエコシステムを拡張するとしている。

5.5インチの1080p内蔵ディスプレイを搭載

スマート送信機に内蔵された5.5インチスクリーンを使用して、パイロットはモバイル端末に接続することなく、ドローンを素早く空中に飛行させることが可能。スマート送信機は、同社のOcuSync 2.0動画伝送システムを使用するMavic 2 ZoomやMavic 2 Pro(※DJI Mavic 2 Enterpriseシリーズは今後の更新で対応予定)などのドローンと組み合わせることでフルHD解像度で表示することができる。

内蔵マイクとスピーカーを搭載。HDMIポート経由でH.264およびH.265コーデックの4K/60fps動画を再生可能

また、通常のスマートフォンの2倍の輝度である1000cd/m2の高輝度ディスプレイを搭載し、直射日光の下でも最適な視認性を実現。カスタマイズが可能なAndroidダッシュボードは、DJI GO 4とDJI Pilot(※DJI Pilotアプリは今後の更新で対応予定)に対応し、編集プログラムなどのサードパーティ製アプリにも対応している。DJI GO 4アプリには、ドローンカメラの映像をFacebook、InstagramなどのSNSにライブ配信できるSkyTalkを含むいくつかの新機能も搭載している。もう一つの新機能であるDJI GO Shareは、送信機からモバイル端末へ簡単に映像を転送することが可能。スマート送信機は2時間半のバッテリー駆動時間と-20℃~40℃の厳しい環境下でも動作する性能があり、飛躍的な信頼性をもたらすとしている。

なお、CES2019の同社ブース(South Hall/ブースNo.25602)では、3軸ジンバルカメラOsmo Pocketを含むDJIの全てのスタビライザー製品とドローンを展示。その他にも、ワークショップや、実践的な製品デモも開催している。

DJIスマート送信機
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

宇宙飛行士が発案したジョイスティックコントローラーFT Aviator Drone Controller間も無く登場 [CES2019]

これまでのプロポと違い飛行機やヘリコプターの操縦棹のようにジョイスティック状のコントローラーをFluidity Technologiesが開発中だ。それが長年NNASAに勤めた宇宙... 続きを読む

韓国忠南大学、空飛ぶデジタルサイネージ「DR.ONE」出展。パトロールに清掃にも大活躍 [CES2019]

CES2019では昨年に比べ、出展数が減っていたシングルドローンだが、実用に近いプロトタイプを韓国忠南大学がエウレカパークに出展していた。「DR.ONE」は基本的に屋内用で、丸... 続きを読む

NewBeeDroneが提供するFPVレーシングに関するパーツから機体まで全てが揃う [CES2019]

写真の手前にあるのが「SILVERFISH 240」 VRや専用ゴーグルを使って一人称視点の迫力あるドローン操作を楽しむFPVレーシング(first-person view)... 続きを読む

駒ヶ根観光協会×DJI JAPAN×楽天AirMap、「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊ドローン空撮ツアー」を開催

一般社団法人駒ヶ根観光協会は、DJI JAPANと楽天AirMapと共同で、2019年3月9日(土)・10日(日)に「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊ドローン空撮ツアー」を開催す... 続きを読む

GET Air Turnkey Solutionが解決するバッテリー問題。非接触充電で遠距離飛行を可能 [CES2019]

ドローンにとって大きな課題はバッテリーの持続時間というのは周知の事実だが、2019年に至ってもその抜本的な代替案や革新的なバッテリーは出現していない。 そんな中、GET Air ... 続きを読む