DRONE

JUIDA、福島ロボットテストフィールドにてJUIDA・JUTM・JUAV連携実証実験成功

JUIDA、福島ロボットテストフィールドにてJUIDA・JUTM・JUAV連携実証実験成功

JUAV実証の様子

一般社団法人日本UAS産業振興協議会(以下:JUIDA)は、2019年1月23日(水)に、JUIDA主催としては初めてのJUIDA、一般財団法人総合研究奨励会日本無人機運行管理コンソーシアム(以下:JUTM)、一般社団法人日本産業用無人航空機工業会(以下:JUAV)との連携により、2018年7月に開所した福島ロボットテストフィールド(以下:福島RTF)の通信塔の機能を用いて、将来的な無人航空機の発展のため、福島RTFにて目視外飛行に向けた実証実験を行い、成功したことを発表した。

開会式の様子

今回の実証実験では、初めてJUIDA、JUTM、JUAVが連携し、今後のドローン産業の持続的発展のために不可欠と考えられる、操縦技能・機体・運行管理システムという面での評価基準のあり方を検討した。実証実験には石田総務大臣も視察に訪れ、福島RTFの現状や今回の実証実験の意義・目的を説した。

総務大臣視察の様子

今回の実証実験の評価内容は、2019年3月13日(水)~3月15日(金)まで、幕張メッセにて開催されるJUIDA主催の無人航空機単独展示会「Japan Drone 2019」にて公表される。

運行管理システム(UTM)

実施概要

(以下、プレスリリースより引用)

■日時:2019年1月23日(水)8:30~16:00

■実施場所:福島ロボットテストフィールド(福島県南相馬市原町区萱浜赤沼61)

■実証概要:通信塔を用いた無人航空機の大規模目視外飛行実験。機体、操縦・運用、運航管理システムについて、RTFで実施可能な評価の基準や手順について下記の項目でそれぞれ検証を実施した。

  1. JUTM担当:目視外飛行(補助者なし)を実現する運行管理システムを活用したガイドライン策定および試験実証
  2. JUAV担当:目視外飛行(補助者なし)における機体認定の評価基準作成及び試験実証
  3. JUIDA担当:目視外飛行(補助者なし)における操縦技能認定の評価基準作成及び試験実証

■参加団体:一般社団法人日本UAS産業振興協議会、一般財団法人総合研究奨励会日本無人機運行管理コンソーシアム、一般社団法人日本産業用無人航空機工業会、東京大学、国立研究開発法人情報通信研究機構、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構、国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 電子航法研究所、株式会社日立製作所、株式会社日立システムズ、綜合警備保障株式会社、株式会社イームズロボティクス、株式会社ブルーイノベーション、損害保険ジャパン日本興亜株式会社、日立建機株式会社、株式会社ドローンママ、株式会社自律制御システム研究所、ヤマハ発動機株式会社、田中電気株式会社、株式会社スペースワン、有人宇宙システム株式会社、一般財団法人日本気象協会(順不同、敬称略)

■協力機関:福島県、福島県南相馬市、公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構

通信塔設備(通信塔付近)

JUIDA実証の様子

JUTM実証の様子

▶︎JUIDA
djimini3pro
Return Top