DJI、産業用ドローン「MATRICE 200シリーズV2」発表。新機能が追加され、既存機能も強化

2019-02-22 掲載

DJIは、「MATRICE 200シリーズV2(以下M200V2)」発表した。M200V2は新機能搭載となり、より優れた信頼性、安全性、セキュリティ機能を備えて再設計されている。

日常的に行われるマッピング業務から、慎重さが求められる点検業務に至るまで、世界中の企業・団体はDJIがより堅牢かつ安全で拡張性のあるソリューションを提供することに期待しています。

先進的な企業は、ドローンフリートの運用を数百台から数千台に拡大し、この運用を一元化するためのより良い方法を求め、より安全で信頼性の高いドローン技術を要求する分野にドローンを導入しています。

最新のM200シリーズV2は、 困難な捜索救助活動、 慎重さが求められる場所での飛行や夜間飛行に対応できるようになりました。

とDJIストラテジック パートナーシップ ディレクター Jan Gasparicはコメントしている。

Matrice 200シリーズの機能強化

DJI産業用ドローンM200シリーズV2には、新機能が追加され、既存機能も強化されている。全天候型設計、簡単なセットアップと構成はそのままに、主要機能がアップグレードされ、安全で信頼性の高い操作を実現可能に。 建築物やインフラ設備の点検業務、 公共の安全や捜索救助まで、 M200シリーズV2は、 ドローン技術で日常業務を劇的に変えたい企業や団体のための多目的プラットフォームです。 M200シリーズV2の主な機能強化は次の通り(以下pプレスリリースより)。

  • 信頼性の高い伝送-「OcuSync 2.0」を搭載し、最大8kmの伝送距離で(日本は最大伝送距離は5km)2.4GHzから5.8GHzの自動デュアル周波数帯域の切替に対応し、高解像度で低遅延のデジタル映像伝送を操縦者に送り返す。
  • データセキュリティ-OcuSync 2.0から送信されるすべてのデータは、最先端のAES-256規格を使用して暗号化されているため、重要な業務情報を確実に保護し、承認された関係者のみがアクセス可能。
  • 飛行の安全性-米国連邦航空局(FAA)の夜間適用免除基準を念頭に置いて設計された衝突防止ビーコンが機体の上部と底部に追加され、低照度環境下や夜間飛行の安全性を高めている。また、ADS-B受信機を搭載した「AirSense」が装備されており、衝突リスクをもたらす可能性のある接近中の有人航空機の情報を操縦者へ提供する。
  • 飛行性能-複数のペイロードを使用する操縦者は、DJI Pilotアプリから簡単に機体の重心キャリブレーションを行うことで、より安定した飛行が可能になる。
  • データ精度-新しい「TimeSync」機能は、 フライトコントローラー、 カメラ、 GPSモジュール、 RTKモジュールおよびサードパーティ製のペイロードや搭載アクセサリーを連続して連携させ、位置データを画像フレームの中心に固定しデータの精度を向上。
  • 今回の機能強化によっては、Mavic 2 EnterpriseやM200シリーズV2など、DJIの最新産業用ドローンに夜間飛行を可能にする衝突防止ビーコンを搭載することから始まり、衝突防止ビーコンと改良された伝送距離をADS-B受信機を内蔵したDJI AirSense技術およびFlightAutonomy障害物検知システムと組み合わせることにより、M200シリーズV2は、 BVLOS(Beyond Visual Line Of Sight, 目視外飛行)操作をサポート可能になるという。なお値段は

    ▶︎DJI
    [Category:]
    [TAG : ]

    関連する記事

    DJI、「初心者向けドローントレーニングカリキュラム」を提供開始

    DJIは、「DJIの教科書 ゼロからはじめる ドローントレーニング」の提供を6月より開始し、全国のドローン講習団体向けにカリキュラム説明会を2日間にわたって開催する。 ドロー... 続きを読む

    DJI、「DJIドローンミニチュアコレクション」がまもなくライナップ!

    DJI JAPAN株式会社は、株式会社タカラトミーアーツが発売するガチャ(カプセル玩具)商品「DJIドローンミニチュアコレクション」に監修協⼒することを発表した。全国のカプセル⾃販... 続きを読む

    [Report Now!]OSMO ACTION発表会で実機を触ってきた感想あれこれ

    OSMO ACTIONの全貌が!5月16日開催されたDJI JAPANの新製品「Osmo Action」発表会の様子をレポートします!発表会は虎ノ門にあるTHE COREで11時か... 続きを読む

    DJI 、電子式映像ブレ補正RockSteadyを搭載したハンドヘルドカメラ「Osmo Action」を発売

    DJIは、前面と背面にカラースクリーンを内蔵し、電子式映像ブレ補正RockSteadyを搭載した同社初となるハンドヘルドカメラ「Osmo Action」を2019年5月17日に発売... 続きを読む

    DJI、OSMO ACTION発表!GoProを超えていく!?

    いよいよ噂されていたOSMO ACTIONがアナウンスされた。いわゆるアクションカムでGoProとほぼ同じジャンルとなる価格は、税込み44820円。発売は、5月17日より。 ... 続きを読む