DJI、産業用ドローン「MATRICE 200シリーズV2」発表。新機能が追加され、既存機能も強化

2019-02-22 掲載

DJIは、「MATRICE 200シリーズV2(以下M200V2)」発表した。M200V2は新機能搭載となり、より優れた信頼性、安全性、セキュリティ機能を備えて再設計されている。

日常的に行われるマッピング業務から、慎重さが求められる点検業務に至るまで、世界中の企業・団体はDJIがより堅牢かつ安全で拡張性のあるソリューションを提供することに期待しています。

先進的な企業は、ドローンフリートの運用を数百台から数千台に拡大し、この運用を一元化するためのより良い方法を求め、より安全で信頼性の高いドローン技術を要求する分野にドローンを導入しています。

最新のM200シリーズV2は、 困難な捜索救助活動、 慎重さが求められる場所での飛行や夜間飛行に対応できるようになりました。

とDJIストラテジック パートナーシップ ディレクター Jan Gasparicはコメントしている。

Matrice 200シリーズの機能強化

DJI産業用ドローンM200シリーズV2には、新機能が追加され、既存機能も強化されている。全天候型設計、簡単なセットアップと構成はそのままに、主要機能がアップグレードされ、安全で信頼性の高い操作を実現可能に。 建築物やインフラ設備の点検業務、 公共の安全や捜索救助まで、 M200シリーズV2は、 ドローン技術で日常業務を劇的に変えたい企業や団体のための多目的プラットフォームです。 M200シリーズV2の主な機能強化は次の通り(以下pプレスリリースより)。

  • 信頼性の高い伝送-「OcuSync 2.0」を搭載し、最大8kmの伝送距離で(日本は最大伝送距離は5km)2.4GHzから5.8GHzの自動デュアル周波数帯域の切替に対応し、高解像度で低遅延のデジタル映像伝送を操縦者に送り返す。
  • データセキュリティ-OcuSync 2.0から送信されるすべてのデータは、最先端のAES-256規格を使用して暗号化されているため、重要な業務情報を確実に保護し、承認された関係者のみがアクセス可能。
  • 飛行の安全性-米国連邦航空局(FAA)の夜間適用免除基準を念頭に置いて設計された衝突防止ビーコンが機体の上部と底部に追加され、低照度環境下や夜間飛行の安全性を高めている。また、ADS-B受信機を搭載した「AirSense」が装備されており、衝突リスクをもたらす可能性のある接近中の有人航空機の情報を操縦者へ提供する。
  • 飛行性能-複数のペイロードを使用する操縦者は、DJI Pilotアプリから簡単に機体の重心キャリブレーションを行うことで、より安定した飛行が可能になる。
  • データ精度-新しい「TimeSync」機能は、 フライトコントローラー、 カメラ、 GPSモジュール、 RTKモジュールおよびサードパーティ製のペイロードや搭載アクセサリーを連続して連携させ、位置データを画像フレームの中心に固定しデータの精度を向上。
  • 今回の機能強化によっては、Mavic 2 EnterpriseやM200シリーズV2など、DJIの最新産業用ドローンに夜間飛行を可能にする衝突防止ビーコンを搭載することから始まり、衝突防止ビーコンと改良された伝送距離をADS-B受信機を内蔵したDJI AirSense技術およびFlightAutonomy障害物検知システムと組み合わせることにより、M200シリーズV2は、 BVLOS(Beyond Visual Line Of Sight, 目視外飛行)操作をサポート可能になるという。

    ▶︎DJI
    [Category:]
    [TAG : ]

    関連する記事

    DJI、折りたたみ対応や被写体を追尾するActiveTrack3.0、ジェスチャーモードを搭載したOsmo Mobile 3を発売

    DJI JAPANは、スマートフォン向けハンディスタビライザー「Osmo Mobile 3」の予約販売を2019年8月13日より、アップルストア各店舗で先行販売開始を8月14日より... 続きを読む

    DJI、8月13日に新製品発表か?ティザーサイト登場。Osmo新製品?

    DJIサイトで新製品発表のティザーが加わった。8月13日午前9時(アメリカ東部標準時間:日本は22時)に新製品をアナウンスするという。 これまでもそのティザーにそのヒントが隠され... 続きを読む

    DJI、世界中の学生エンジニアが集う次世代ロボットコンテスト「ROBOMASTER 2019」を開催

    DJIは、ロボットコンテスト「ROBOMASTER 2019」を2019年8月3日から11日まで中国深圳市で開催する。RoboMasterは、ロボットの設計や開発を学ぶ学生エンジニ... 続きを読む

    参加者募集中!ドローン先進国アメリカで学ぶ「DJI AirWorks 2019 JAPAN TOUR」開催

    産業ドローンのユーザー、専門家、技術者、政策立案者の年次カンファレスである「DJI AirWorks」が2019年9月24日から26日までの3日間、アメリカ・ロサンゼルスで開催され... 続きを読む

    [Reviews]Vol.32 可能性は無限大!?誰でもエンジニアになれる「RoboMaster S1」[プログラミング検証編]

    DJIから発売された地上走行ロボットRoboMaster S1。一見ラジコンのようですが、本格的なプログラミングができるロボット工学教材です。プログラミングができる教育教材と言えば... 続きを読む