エアロネクスト、sora:share(TM)のトルビズオンと新しい空域の経済化に向け業務提携

2019-02-26 掲載
トルビズオン増本 衛代表取締役(左)、 エアロネクスト田路圭輔代表取締役CEO(右)

株式会社エアロネクストは、上空シェアリングサービスsora:share(TM)を提供する株式会社トルビズオンと業務提携し、またFukuoka Smart East構想の推進に協力し、同社の重心制御技術「4D Gravity(R)」を搭載する水平輸送用ドローン「Next DELIVERY(R)」を使った日本初の都市部での配送実証実験を実施することを発表した。

トルビズオンは、現在、小型無人機に係る環境整備に向けた官民協議会において議論されている「小型無人機と土地の所有権の関係」や「プライバシーの保護」といった、ドローンに対する社会受容性の課題を、ドローン空輸の際に問題となる「空路下の空中権取引」を可能にした同社開発のプラットホーム、sora:share™で解決することを試みている。

同社は内閣の平井IT担当大臣への「Hirai Pitch」に登壇するなど、 国や自治体の理解を得る動きも行っている。

エアロネクストとトルビズオンは、 ドローン飛行における上空権市場の創造と新しい空域の経済化というビジョンを共有し、 エアロネクストの『Next』シリーズの水平輸送用ドローン「Next DELIVERY(R)」の技術面での安全性の担保と、トルビズオンが取り組む社会受容性を高めるための上空シェアリング事業を組み合わせることで、力を合わせ推進することに合意した。

■都市部では日本初となる配送実証実験をFukuoka Smart East推進コンソーシアムにて実施

さらに本年春には、本業務提携における具体的な動きの一つとして、大手物流企業と協力し、福岡市Fukuoka Smart East推進コンソーシアムでの実証実験も予定している。これは都市部でのドローン配送実証実験では日本初で、産業用ドローンの市場創造への大きな一歩となる試みだという。

▶︎株式会社トルビズオン

関連する記事

エアロネクスト、新コンセプト「空飛ぶゴンドラ」Next MOBILITY発表

「空飛ぶゴンドラ」Next MOBILITY飛行形態 株式会社エアロネクスト(以下:エアロネクスト)は、2019年10月15日~18日まで幕張メッセで開催中のCEATEC 2... 続きを読む

エアロネクスト、ACSLと「4D GRAVITY」搭載産業用ドローンの新機体開発着手

株式会社エアロネクスト(以下:エアロネクスト)は、株式会社⾃律制御システム研究所(以下:ACSL)と連携の下、重心制御技術「4D GRAVITY」を搭載した新機体の開発に着手した。... 続きを読む

エアロネクスト、センシンロボティクスと「空飛ぶロボット」化に向け業務提携

エアロネクスト代表取締役CEO 田路圭輔氏(左)、センシンロボティクス代表取締役社長 北村卓也氏(右) 次世代ドローンの株式会社エアロネクスト(以下:エアロネクスト)は、株式... 続きを読む

エアロネクスト、米・サンフランシスコ「Disrupt SF 2019」初出展

重心制御技術「4D GRAVITY」ロゴ 株式会社エアロネクスト(以下:エアロネクスト)は、2019年10月2日から4日にアメリカ・サンフランシスコのMoscone Nort... 続きを読む

トルビズオン、JForestグループ組合林業と私有林上空における「空の道」設計を下関市で実施

sora:shareのWebサイト 株式会社トルビズオン(以下:トルビズオン)は、組合林業株式会社と、下関市の協力のもと、ドローン物流の社会実装に向けて「空の道」の設計にとり... 続きを読む