KDDI、スマートドローンサービス6月スタート。

2019-03-07 掲載

KDDIは、モバイル通信ネットワークを利用し、安全運用を可能な「スマートドローン」で、監視や点検作業の効率化・低コスト化を実現する用途別ソリューションのサービスを6月開始する。

KDDIは2016年よりプラットフォームの構築を目指して取り組みをスタートした。本プラットフォームは、モバイル通信に対応した機体、気象・地図と連携し、ドローンの飛行計画の作成、運航状況の監視、機体制御を遠隔で行うことが可能となる。本プラットフォームを活用し、まずは、6月に「広域監視」、「鉄塔点検」、そして6月以降順次に「風力点検」、「測量解析」、「精密農業分野」において、用途に応じた機体、通信、アプリケーションによるソリューションを提供することで業務効率化や課題解決が可能になるという。

プラットフォームパートナーには、機体には、PRODRONE。気象はウェザーニュース、運航管理は、テラドローン、地図は、ゼンリン。また本プラットフォームを活用したソリューション連携パートナーに、測量解析分野ではアイサンテクノロジー株式会社、精密農業分野では、スカイマティクスとタッグを組むことになる。

また、近い将来に5GとAIを活用した展開もすでに準備中だという。5GによりドローンからLTEで伝送される映像をはるかに超える高い解像度や転送速度を実現する。

▶︎KDDIスマートドローン
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

PRODRONE、ドローン通信の高秘匿化で電子情報通信学会優秀研究賞を受賞

(左)伊藤氏の代理参加した西澤氏「NICT」(右)市原和雄 常務取締役「PRODRONE」 株式会社プロドローン(以下、PRODRONE)は、「電子情報通信学会 安全・安... 続きを読む

PRODRONE、パッセンジャードローンを含む全13機種、16機を自社ブースをはじめ、機体提供各企業ブースに展示 [JapanDrone2019]

名古屋に本拠を置く産業用ドローンの大手PRODRONEは、パッセンジャードローンを含む全13機種、16機を同社のブースをはじめ、機体を供給している企業のブースなどに出展していた。 ... 続きを読む

KDDI、「広域監視」「鉄塔点検」「風力点検」「測量解析」「精密農業」用途別に5つのソリューションに供するドローンを展示 [JapanDrone2019]

3月6日にスマートドローンによる用途別ソリューションの提供開始を発表したばかりのKDDIは、「広域監視」「鉄塔点検」「風力点検」「測量解析」「精密農業」という用途別の5つのソリュー... 続きを読む

PRODRONE、対話型救助用パッセンジャードローン「SUKUU」にかける思いとは?[JapanDrone2019]

PRODRONEは、対話型救助パッセンジャードローン「SUKUU(スクー)」を開発し「ジャパン・ドローン2019」に初出展を行う。いち早くパッセンジャードローン構想を打ち出して来た... 続きを読む

PRODRONE、多くの企業でPRODRONE機体採用、全16機体、新型6機体の発表 [JapanDrone2019]

PD8X(各種センサー標準装備の折りたたみ式ダブルローター8枚機) 株式会社プロドローンは、3月13日~15日幕張メッセ(千葉県)にて開催される「ジャパン・ドローン2019」... 続きを読む