DRONE

KDDI、スマートドローンサービス6月スタート。

KDDI、スマートドローンサービス6月スタート。

KDDIは、モバイル通信ネットワークを利用し、安全運用を可能な「スマートドローン」で、監視や点検作業の効率化・低コスト化を実現する用途別ソリューションのサービスを6月開始する。

KDDIは2016年よりプラットフォームの構築を目指して取り組みをスタートした。本プラットフォームは、モバイル通信に対応した機体、気象・地図と連携し、ドローンの飛行計画の作成、運航状況の監視、機体制御を遠隔で行うことが可能となる。本プラットフォームを活用し、まずは、6月に「広域監視」、「鉄塔点検」、そして6月以降順次に「風力点検」、「測量解析」、「精密農業分野」において、用途に応じた機体、通信、アプリケーションによるソリューションを提供することで業務効率化や課題解決が可能になるという。

プラットフォームパートナーには、機体には、PRODRONE。気象はウェザーニュース、運航管理は、テラドローン、地図は、ゼンリン。また本プラットフォームを活用したソリューション連携パートナーに、測量解析分野ではアイサンテクノロジー株式会社、精密農業分野では、スカイマティクスとタッグを組むことになる。

また、近い将来に5GとAIを活用した展開もすでに準備中だという。5GによりドローンからLTEで伝送される映像をはるかに超える高い解像度や転送速度を実現する。

Return Top