DRONE

エアロネクスト、Japan Drone 2019にて物流用ドローンの量産試作機を初公開 [JapanDrone2019]

エアロネクスト、Japan Drone 2019にて物流用ドローンの量産試作機を初公開 [JapanDrone2019]

Next VTOL飛行時

株式会社エアロネクストは、2019年3月13日(水)から15日(金)に幕張メッセで開催される民間ドローン産業の国際展示会「Japan Drone 2019」に出展し、先日業務提携を発表した小橋工業製造の物流用ドローンの量産試作機、ならびに新型VTOLと新型VRドローンの試作機を初公開する(ブースNo.E-09)。

エアロネクストの重心制御技術「4D Gravity」は、従来のドローンでは実現できなかった高い安定性と信頼性が評価され、昨年のBest of Japan Drone Award 2018において「ベストベンチャー」部門と「ドローン関連テクノロジー」部門にて最優秀賞を受賞。以降、CEATEC JAPAN 2018「CEATEC AWARD 2018」経済産業大臣賞、深圳国際ピッチ大会「Nanshan “Entrepreneurship Star” Contest 2018」3位入賞、知的財産賞に加えて、Infinity Ventures Summit 2018 Winter Kanazawa「Launch Pad」優勝など、国内外の数々のアワードやコンテストで入賞している。

2019年は、産業ドローンの社会実装に向けて前進しており、2月には4D Gravity搭載ドローン「Next」シリーズの今後の商品化・量産化に向けて農業機械製造大手の小橋工業との業務提携を発表し、さらに同月に上空シェアリングサービスsora:shareを提供するトルビズオンと提携し、Fukuoka Smart East構想の中で、4D Gravity搭載の水平輸送用ドローン「Next DELIVERY」を使った日本初の都市部での配送実証実験を実施することを発表している。

Next VTOL着陸時

Japan Drone 2019では、小橋工業による物流用ドローンNext DELIVERY量産試作機を初公開。その他、長距離飛行とピンポイントランディングを両立させた「Next VTOL」と安定した360°自由視点VR映像の撮影を可能とする「Next VR」の最新試作機も展示する。

Next VTOLフライトテスト動画

djimini3pro
Return Top