ケンコー・トキナー、「DJI Mavic 2 Zoom」「DJI Mavic 2 Pro」用フィルターキットを発売

2019-03-22 掲載

株式会社ケンコー・トキナーは、ドローンで滑らかな映像を撮るためのフィルターキットアドバンスト ドローンフィルターIRNDキット「DJI MAVIC 2 ZOOM用」「DJI MAVIC 2 PRO用」2種を2019年3月22日に発売する。希望小売価格はオープン。市場想定価格はDJI MAVIC 2 ZOOM用が税別9,630円、DJI MAVIC 2 PRO用が税別11,880円。

カメラ用フィルターで長年培ったKenkoの光学技術を生かした、 「DJI Mavic 2 Zoom」と「DJI Mavic 2 Pro」専用設計のIRNDキットは、IRND4、IRND8、 IRND16、IRND32の4種類のIRNDフィルターがセットになっており、 撮影時の明るさに応じて最適な濃度のフィルターを選んで使用可能。KenkoのIRNDフィルターは、ACCU-NDテクノロジーにより赤外域を含む400nm〜1000nmにおいて均一な減光効果が得られる。赤外線の影響を受けず、色かぶりのない忠実な色再現が可能だとしている。KenkoのIRNDフィルターは、デジタル一眼レフ用レンズフィルターの品質基準に従って高精度研磨された光学ガラスを使用。

KenkoのIRNDフィルターと他社ブランドとの解像度の差

専用設計のデザインで極限まで軽さを追及し、ドローンの飛行やジンバルに影響を与えないとしている。また4種類のIRNDフィルターをまとめて持ち運べる全天候型ケースが付属。雨や雪などの厳しい撮影環境下でもフィルターを守ることができる。

全天候型ケース入り 撥水コートにより指紋や水滴がつきにくく、汚れがついた場合でも簡単に拭き取ることができる

IRNDフィルターが必要な理由

1.滑らかな映像にするため

動画撮影の場合、フレームレート(fps)によって適正なシャッタースピードが決まっており、通常はフレームレートの2倍までが適正となっている。

例:60fpsの場合、適正シャッタースピードは1/125s
30fpsの場合、適正シャッタースピードは1/60s

シャッタースピードが速すぎると動画として見た際に動きがつながらず不自然な動画に見えてしまうが、同製品を使用してシャッタースピードを適正な値に設定すれば自然で滑らかな映像を撮ることが可能としている。

2.適正露出にするため

ドローンは主に日中の屋外で使用されるため、ISOは最低のISO100に設定する。絞りで露出オーバーを防ぐが、DJI Mavic Airは絞り機構を持たない。フレームレートの関係上、快晴時に適切な露出を得るためにNDフィルターは必須になるという。

ケンコー・トキナー

関連する記事

DJI、折りたたみ対応や被写体を追尾するActiveTrack3.0、ジェスチャーモードを搭載したOsmo Mobile 3を発売

DJI JAPANは、スマートフォン向けハンディスタビライザー「Osmo Mobile 3」の予約販売を2019年8月13日より、アップルストア各店舗で先行販売開始を8月14日より... 続きを読む

DJI、8月13日に新製品発表か?ティザーサイト登場。Osmo新製品?

DJIサイトで新製品発表のティザーが加わった。8月13日午前9時(アメリカ東部標準時間:日本は22時)に新製品をアナウンスするという。 これまでもそのティザーにそのヒントが隠され... 続きを読む

DJI、世界中の学生エンジニアが集う次世代ロボットコンテスト「ROBOMASTER 2019」を開催

DJIは、ロボットコンテスト「ROBOMASTER 2019」を2019年8月3日から11日まで中国深圳市で開催する。RoboMasterは、ロボットの設計や開発を学ぶ学生エンジニ... 続きを読む

参加者募集中!ドローン先進国アメリカで学ぶ「DJI AirWorks 2019 JAPAN TOUR」開催

産業ドローンのユーザー、専門家、技術者、政策立案者の年次カンファレスである「DJI AirWorks」が2019年9月24日から26日までの3日間、アメリカ・ロサンゼルスで開催され... 続きを読む

[Reviews]Vol.32 可能性は無限大!?誰でもエンジニアになれる「RoboMaster S1」[プログラミング検証編]

DJIから発売された地上走行ロボットRoboMaster S1。一見ラジコンのようですが、本格的なプログラミングができるロボット工学教材です。プログラミングができる教育教材と言えば... 続きを読む