Uber、ドローンでのフードデリバリーサービスのスタッフ募集中

2019-04-01 掲載

Uberは自社ドローンチームに加えるべく、FAA(米国連邦航空局)ライセンスを取得済みのパイロットを募集している。募集要項によれば、主にドローンを使ったフードデリバリー業務に関係する仕事のようだ。

Uberが募集しているのは、UAS(無人航空システム)航空基準・訓練テクニカルプログラムマネージャーだ。UberEATS製品の都市圏エアデリバリーのために必要な基準開発や操作マニュアルの作成が任される。また、UberのUAS航空スタッフ用の訓練プログラムを設計するほか、地域・州・国家・国際レベルの規制遵守を保証する役目を果たすことになる。

応募条件はさほど厳しくなく、必須なのはビジネス関連の学士、3~5年の実務経験、 Part107による遠隔操作パイロットライセンスのみ。他にもFAAが発行する回転翼航空機や飛行機のプライベートパイロットライセンス、機体操作や決定に伴う経済的影響についてのユニークな理解、FAAとICAO(国際民間航空機関)の規制に関する専門知識などがあれば尚良い。

UASオペレーターが受験する「Part107航空知識試験」は、FAAのルールに則った試験で、商用ドローンを操縦するパイロットは必ず受験しなければならない。試験をパスし、ライセンスを手に入れれば、パート107のルールを遵守しながら操縦することが可能になる。

このポジションで共に仕事をすることになるのは、Uberの航空オペレーション部門チーフのLuke Fischer氏、航空エンジニアリング部門のMark Mooreディレクターや航空宇宙システム部門のTom Prevotディレクター、オペレーション&安全管理部門の責任者であるStan Swaintek氏などだ。

勤務地はサンフランシスコで、同市を拠点とし、ライドヘイリング・サービスを提供する一大企業「Uber」の運営するフードデリバリーサービス「UberEats」と密接に関わっていくことになる。UberEatsのデリバリーサービスは大盛況だが、Uber全体としての業績はあまり良いとはいえない。2月の報告によれば、2018年度第4四半期の純損失は前年より抑えられたものの、損失は対前年比88%増で、総額8.42億ドルに上ったという。

UberEatsはUberの事業の中でも頭一つ抜きんでている。世界100都市以上で利用可能で、New York Timesによると東京や台湾の台北、韓国のソウルなどの都市ではUberのメインサービスの業績を上回っている。さらに2016年3月から翌年3月にかけて、UberEatsドライバーの配達回数は24倍にまで膨れ上がっている。ただし、飲食店やドライバーへの手数料があるため、UberEatsのマージン自体はそこまで大きくないようだ。

また、ドローンによるフードデリバリーだけでなく、他にもUber Elevateと呼ばれるチームがあり、より幅広い「空のライドシェアリング」を提案している。Uberによれば、空の交通シェアサービス「Uber Air」は2023年には実現する見込みだ。Uber Elevateはエンジニアやプロジェクトマネージャーなどの職種スタッフを募集している。

Uberは、FAAのUAS統合パイロットプログラムと提携している企業の一つだ。このプログラムはFlirteyやGoogleといった大企業、そして10の部族・地方・国家政府を結びつけるもので、夜間飛行や人の頭上での飛行、荷物の輸送など、アメリカでは現在禁止されているタイプのドローンフライトを実験的に行うことを目的としている。このプログラムで得られたデータは今後、アメリカ政府がより複雑なドローンオペレーションに関する新ルールを作る際の参考材料となる。

ロイター社の報道によれば、Uberは今年4月に新規株式公開に踏み出す予定で、投資銀行家はUberの企業価値をおよそ1200億ドルと評価している。

▶︎ Uber
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

Dorado、5500万ドルのICOによってラストマイル配送業界の「Uber」誕生へ

ICOで資金調達。ドローンで実現するデリバリーサービスとは? 次世代のオンデマンド配送会社Doradoは、ICOを通じて5500万ドルを調達する予定であることを明らかにし... 続きを読む

Texas Instrument社が促進するミリ波技術で実現するドローンの感知・回避機能

Texas Instrument(以下:TI)ミリ波による衝突回避ソリューションの構造 ドローンを使用することで天気予報や宅配、3Dマッピングなどの民生アプリケーションに... 続きを読む

FAAフエルタ長官基調講演:商業用無人機の有用性とは? [InterDrone2017]

さらに進化するドローンの世界へ 米連邦航空局(FAA)のマイケル・フエルタ長官は、米国ラスベガスで開催されたInterDrone 2017にて基調講演を行った。 ドローン産業と... 続きを読む

ニューヨーク消防局、ブロンクスにて初の消防ドローンを使用

image:FDNY ドローンの活躍の場が日増しに増えている。ニューヨーク市消防局(FDNY)は、ブロンクス区北部のクロントナ・パークにある6層建築の消火活動において、初めて今年... 続きを読む

CNNが公式に取材ドローンを採用

image from CNN アメリカCNNは公式に、メディア取材に正式にドローンを採用。オリジナル番組CNN AIRを開始すると発表した。同社は、2名のドローンオペレーターをフ... 続きを読む