Airbus、Skywaysによる岸から船までの配達の試み

2019-04-18 掲載

Airbus社が配送様ドローンSkywaysを用いて、岸から船までの配達実証実験をシンガポールで行った。この試みは、小型で急を要する船舶の様々な必需品を、停泊所で稼働している船に届けるため、実際の港における条件下でドローンの技術が動員されたものとして初の試みであると同社は伝えた。

この岸から船までの初めての配達飛行は、シンガポールのマリーナ・サウス・ピアの海岸線から1.5km離れたところに停泊するスワイア・パシフィック・オフショアの錨船「M/V Pacific Centurion」に向けて行われ、1.5㎏の立体印刷された貨物が運ばれた。無事船の甲板に着陸し船長に積み荷を引き渡すと、無人飛行輸送機のSkywaysは素早く基地に戻った。飛行は全体で10分もかからなかったという。

これらの試験飛行は、海運業務の計画と通関サービスにおいて世界をけん引する企業の一つでありパートナーであるウィルヘルムセン・シップ・サービスとの協力のもとで行われている。試験期間中、エアバスのSkywaysドローンは4kgまでの荷重に耐えながら埠頭を飛び立ち、あらかじめ決められた「空の回廊地帯」に沿って海岸から3kmまでの船をひとりで誘導する。

AirbusのSkywaysの指揮を執るレオ・ジョーは以下の様にコメンントした。

海運の世界で初めてこのような試験を行うことにわくわくしています。我々が海運業界の新たな地勢を追い求める中で、熱心な仲間たちが何ヵ月もの間大変な準備を重ね、また我々のパートナーが強力に提携してくれたことが実を結び、今日これを成し遂げられたのです。

また、私たちが安全で信頼できる全自動飛行物体を事故無く飛ばすために何が必要なのかを探り、よりよい理解を求める中で、Airbusによる都市の空中移動の試みを一歩前進させられたことは喜びでもあります。

またWilhelmsen Ships Services代理店副営業部長であるマリウス・ヨハンセンはこう述べた。

世界で最も忙しい港の一つで、ドローンによる岸から船までの一貫した配達が行われたことによって証明されたのは、私たちやパートナーの方々が確かに過去2年以上にわたって「Agency by Air」プロジェクトにかけた努力も投資も信用も、間違っていなかったということである。

ランチボートを用いた重要な予備品や医薬品の備蓄、現金などの配達は、私たちが世界中の港で来る日も来る日も提供しているもので、農業におけるサービスをする我々の製品一覧の中でも確立されています。無人航空機システムのような現代の技術は単に新しい道具ではありますが、しかし非常にクールで、それによって我々の業界はますます進歩し、お客様へのサービスを改善させることが可能になるのです。

海運業界において無人航空機システムが使用されることによって、既存の運送代理店がサービスを拡大し、配達スピードを6倍にまで上げ、二酸化炭素排出量を削減し、ランチボートでの配達に関係した事故のリスクを著しく下げることができるための基礎が築かれる。

2018年6月、AirbusとWilhelmsen Ships Servicesは、岸から船までの安全な配達を行うための全範囲を網羅した無人航空機システムの開発を進める同意書に署名した。この業務提携は、飛行術における垂直上昇法に関するエアバスの広範囲な専門技術と、ウィルヘルムセンの海運代理店サービスへの豊富な経験とを結びつけるものである。着陸ホームと制御センターは2018年11月に、シンガポール海港局の助成によってマリーナ・サウス・ピアに設立された。当局はまた、試験のため船が埠頭で留まれるよう停泊所を指定した。一方でシンガポール民間航空機関はAirbusとウィルヘルムセンと協働し、試験の安全確保に動いた。

Skywaysは、集中管理都市において一貫した複数形式の物流ネットワークを打ち立てることを目標とした実験的プロジェクトである。Airbusが目指しているのは、無人の空輸インフラを発達させ、巨大都市と海運界において無人航空機の持続可能性と能力を申し入れていくことである。

シンガポール沿岸から小包を安全かつ確実に配達できる能力を示したSkywaysは、シンガポール国立大学において、都市環境で自立的に航空便を届ける更なる新たな試験段階を開始予定だという。

▶︎AirBus

関連する記事

インターナショナルSOS、ドローン物資輸送システムに関する覚書をAirbusと締結

(左)Airbus Defence and Space CEO Dirk Hoke氏(右)インターナショナルSOSのCEO アーノルド・ヴェシエ氏 医療と渡航安全の統合ソリュ... 続きを読む

AirBus、アウディとイタルデザインがジュネーブ国際モーターショーでモジュラー式パッセンジャードローンを披露

ジュネーブでの2017年ワールド・プレミアからちょうど1年、2018年ジュネーブ国際モーターショーでItaldesign Giugiaroはエアバスとアウディのコラボレーション作、... 続きを読む

エアバス系列のA³開発「Vahana」、本格的な飛行試験に初成功

エアバス社の系列であるA³の開発したVTOL機「Vahana」が、初の本格的な飛行試験に成功したと発表された。機体は5メートル(16フィート)の高さに達したのち、安全に着陸した。こ... 続きを読む

Intel、ソフトウェア開発者向けドローン「Aero」を発表!

Intelは現在、ドローンの可能性に注目している。インテルデベロッパーフォーラム(IDF)ではドローン業界のリーダーたちを集めたパネルディスカッションのホストをIntelが務めた。... 続きを読む