DJI、「初心者向けドローントレーニングカリキュラム」を提供開始

2019-05-23 掲載

DJIは、「DJIの教科書 ゼロからはじめる ドローントレーニング」の提供を6月より開始し、全国のドローン講習団体向けにカリキュラム説明会を2日間にわたって開催する。

ドローンは建設、インフラ点検、災害対応、農業などで広く活用が見込まれており、作業従事者の安全と効率化に不可欠なソリューションとして注目され、ドローンを正しく安全に活用できる人材育成が急務となっている。

また、2017年以降、国土交通省が同航空局ホームページに「無人航空機の講習団体及び管理団体」の掲載を開始し、ドローンの未経験者が一定の技能と知識を取得できるように育成するドローンスクールの数も増加しており、2019年5月現在、航空局ホームページに掲載されている講習団体数は約400団体に到達する勢いだという。

一方、各講習団体が独自でドローンカリキュラムを提供しているため、ドローン教育の標準化が難しい状況にあり、DJIは世界で最も現場活用されているドローンメーカーのノウハウをもとに、全国の講習団体向けに、「DJIの教科書 ゼロからはじめる ドローントレーニング」をDJIのドローン専門トレーニングセンター(UTC)から提供する。講習団体は、DJIが監修したカリキュラムを採用することにより、カリキュラム開発に時間を割く必要がなく、教官のスキルアップやスクールのサービス向上に注力することができるとしている。同トレーニング説明会の詳細は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

「DJIの教科書 ゼロからはじめる ドローントレーニング」説明会概要

  • 日時:
    第1回:2019年6月10日(月)11時~12時30分(受付開始:10時30分)
    第2回:2019年6月11日(火)11時~12時30分(受付開始:10時30分)
  • 会場:DJI JAPAN株式会社(東京都港区港南1丁目2番70品川シーズンテラス11階)
  • 対象者:全国のドローン講習団体様、ドローン教育を検討する企業・団体様
  • 定員:各日20名様(1社2名様まで)
  • 内容:
    1.カリキュラム詳細説明
    2.提供内容説明(共通テキスト、教官向け指導要領、プロモーションツール等)
    3.料金体系・申し込み方法
  • お申込み方法:
    下記フォームよりお申込みください。
    https://forms.gle/uBrNsEiXqf9WePS9A
  • お問い合わせ
    do株式会社UTC 運営事務局
    Email:contact_utc@dojapan.co.jp
DJI
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

DJI、折りたたみ対応や被写体を追尾するActiveTrack3.0、ジェスチャーモードを搭載したOsmo Mobile 3を発売

DJI JAPANは、スマートフォン向けハンディスタビライザー「Osmo Mobile 3」の予約販売を2019年8月13日より、アップルストア各店舗で先行販売開始を8月14日より... 続きを読む

DJI、8月13日に新製品発表か?ティザーサイト登場。Osmo新製品?

DJIサイトで新製品発表のティザーが加わった。8月13日午前9時(アメリカ東部標準時間:日本は22時)に新製品をアナウンスするという。 これまでもそのティザーにそのヒントが隠され... 続きを読む

DJI、世界中の学生エンジニアが集う次世代ロボットコンテスト「ROBOMASTER 2019」を開催

DJIは、ロボットコンテスト「ROBOMASTER 2019」を2019年8月3日から11日まで中国深圳市で開催する。RoboMasterは、ロボットの設計や開発を学ぶ学生エンジニ... 続きを読む

参加者募集中!ドローン先進国アメリカで学ぶ「DJI AirWorks 2019 JAPAN TOUR」開催

産業ドローンのユーザー、専門家、技術者、政策立案者の年次カンファレスである「DJI AirWorks」が2019年9月24日から26日までの3日間、アメリカ・ロサンゼルスで開催され... 続きを読む

[Reviews]Vol.32 可能性は無限大!?誰でもエンジニアになれる「RoboMaster S1」[プログラミング検証編]

DJIから発売された地上走行ロボットRoboMaster S1。一見ラジコンのようですが、本格的なプログラミングができるロボット工学教材です。プログラミングができる教育教材と言えば... 続きを読む