日立システムズ、リアルグローブ、インフォメーション・ディベロプメントの3社が協業し「Hec-Eyeパッケージ」を販売開始

2019-05-30 掲載

株式会社日立システムズ(以下:日立システムズ)は、株式会社リアルグローブ(以下:リアルグローブ)、株式会社インフォメーション・ディベロプメント(以下:インフォメーション・ディベロプメント)の3社で協業し、ドローン等の位置情報とドローン等で撮影した映像等を地図上に集約し、リアルタイムに共有するプラットフォーム「Hec-Eye(ヘックアイ)」のアプライアンス版「Hec-Eyeパッケージ」を2019年6月末から販売開始する。

Hec-Eyeは、複数のドローンやスマートフォン等の機器と連携し、撮影映像や位置情報等の各種データをリアルタイムに地図上で共有できるほか、取得データを統合・管理できるGIS(Geographic Information System)プラットフォーム。Hec-Eyeを導入することで、複数台のドローンを活用して実施する橋梁点検や、複数の場所で発生している災害等の状況をリアルタイムで一元的に把握することが可能となり、ユーザの迅速な意思決定や対応を支援する。

従来のHec-Eyeは、各種設定を個別に行ったPCからインターネット経由で利用するクラウドサービスだったが、PCの設定や障害時の原因切り分け等、ユーザ自身が対処する部分が多くあったという。そこで今回、Hec-Eyeの開発元であるリアルグローブのソフトウェア技術にくわえ、インフォメーション・ディベロプメントのキッティング体制、日立システムズのコンタクトセンターや販売網を組み合わせ、アプライアンス版Hec-Eyeパッケージの販売を開始する。

Hec-Eyeの画面イメージ。地図上に、Hec-Eyeに接続されたドローン、スマートフォン等をアイコンで表示。各デバイスのサムネイルをクリックすると、撮影中の映像を表示

Hec-EyeパッケージはHec-Eyeにおける、導入から利用、不具合発生時の対応まで、サービスをオールインワン化した製品。この製品に対して、インフォメーション・ディベロプメントは、ユーザごとの個別設定情報に基づいてPCをキッティングし、Hec-Eye専用PCとして提供する。これにより、PC起動後すぐにHec-Eyeが起動するため、ユーザはサービス利用開始時の面倒な設定作業から解放され、煩雑な運用操作が不要になるという。

また、日立システムズは、サービスインフラであるコンタクトセンターを活用し、ユーザからの問い合わせに対応可能なヘルプデスクサービスを提供する。これにより、ユーザからの操作や不具合に関する問い合わせを常時一元的に受け付け、対応することが可能になるとしている。

日立システムズは、「Hec-Eyeパッケージをドローン運用統合管理サービスのオプション機能として、全国の販売網を通じて拡販してまいります。また、リアルグローブは、Hec-Eyeのさらなる改良を進めつつ、より広いユーザにご活用いただける手軽で使いやすいサービスの開発に取り組み、インフォメーション・ディベロプメントは、Hec-EyeをはじめとしたWaKu-WaKuするITソリューションを、より多くのお客さまに提供できるように取り組んでまいります」とコメントしている。

株式会社日立システムズ

関連する記事

EDAC、兵庫県香美町総合防災訓練でドローンと連携したリアルタイム情報配信システム提供

一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(以下:EDAC)は、兵庫県香美町主催の「令和元年度香美町総合防災訓練」への実施協力を行う。2019年8月25日... 続きを読む

EDAC、高知県総合防災訓練にてドローンによる避難者情報および現場状況の実証を実施

一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(以下:EDAC)、関株式会社、株式会社リアルグローブは、地元自治体の協力の下、2019年6月9日に高知県主催で... 続きを読む

ドローン飛ばし放題「南小国ドローン手形」がパワーアップ。保険、場所の動画、充電サービス追加!

南小国町観光協会および株式会社コマンドディーが共同運営する「南小国ドローン手形」の利用者数が、3ヶ月で60名突破!保険、場所の動画、充電のサービスが追加された。 南小国ドロ... 続きを読む