DRONE

FLIGHTS、東京海上日動と連携し国内初の複数メーカー対応「WEB加入型ドローン保険」を開始

FLIGHTS、東京海上日動と連携し国内初の複数メーカー対応「WEB加入型ドローン保険」を開始

株式会社FLIGHTSは、東京海上日動火災保険株式会社と提携し、「WEB加入型ドローン保険」の運用を6月からスタートする。掛金は、機体保険(動産保険)が年間税込13,070円~、賠償保険(施設賠償責任保険)が年間税込6,150円~となっている。同サービスは、複数ドローンメーカーに対応したWEB加入型ドローン保険としては国内初となる。

WEB加入型ドローン保険の特徴としては、各産業の複数メーカーへの対応、WEBで加入完結、顧客サポート、保険加入時に安全講習を同時提供する、といった4点がある。

WEB加入型ドローン保険では、各産業での主要機体に対応。例えば農業分野では、「DJI製Agras MG-1」「XAIRCRAFT製P20 V3」、「FLIGHTS製FLIGHTS-AG」の機体保険を提供している。

また、WEB上で加入手続きから決済、事故報告まで完結するため、ユーザー側の手間を最小限にできるとしている。このほか「東京海上日動代理店ACF」が顧客対応を担うことで、ドローン保険対応の知見を活かし、緊急時トラブルの解決を迅速かつ適切にサポートする。

また、WEB加入型ドローン保険では、保険加入者が加入時にドローンの安全講習をオンライン上で受講することになっており、ドローン運用時に最低限必要な事項を正しく周知することで、トラブル・事故率低下の一助となることを目的だとしている。

「WEB加入型保険」対象となる保険項目は以下の通り。

■機体保険(動産保険)
万が一の事故による機体の破損や、機体の捜索が必要になる等のリスクに備え、「ライトプラン・スタンダードプラン・海外プラン」の補償内容や補償地域違いに応じた3つの保険プランを用意。

■賠償保険(施設賠償責任保険)
対人・対物への損害賠償に備え、支払限度額10億円まで対応し、「ライトプラン・スタンダードプラン・海外プラン」として、支払限度額や補償内容、補償地域の違いに応じた9つの保険プランを用意。

Return Top