三菱重工業、JXTGエネルギーと共同でプラント巡回防爆ロボット「EX ROVR」の走行試験を実施

2019-06-11 掲載

三菱重工業株式会社は、JXTGエネルギー株式会社と共同で、引火性ガスによる爆発や火災を引き起こす危険性を抑えた防爆性能を備えるプラント巡回ロボット「EX ROVR(エクスローバー)」のプロトタイプ機による走行試験を、JXTGエネルギー水島製油所(岡山県倉敷市)で実施した。

試験では、階段昇降を含む狭隘なプラント内の複数フロア自律巡回走行、各種搭載センサーによるデータ取得や、ドッキングステーションでの充電を含む連続自動運転を実施。

開発中の同ロボットが、JXTGエネルギーのプラントにおける日常巡回点検や非常時対応を行うための基礎的な機能要件を満たすことを確認した。両社は、今回の試験結果について評価を掘り下げ、課題の洗い出しを行い、改良を進めていくとしている。

同ロボットは、三菱重工業が原子力発電プラント事故収束支援活動などで成果を挙げたロボットの技術などをベースに開発しており、日本における国内防爆指針および欧州をはじめ世界で採用されている防爆認証のATEX/IECExに適合した防爆設計で、可燃性ガスのある危険場所(Zone1)で安全に使用することが可能。

三菱重工業は、プラントの点検密度向上や安全性強化に向け、多様なプラント環境での試験・実証を行いながら商用化を目指すとしている。

三菱重工業株式会社
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

DFA、陸上配送ロボット「YAPE」商用プログラム・パートナー企業を5社限定で募集

株式会社Drone Future Aviation(以下:DFA)は、EC化の進展と労働力不足を背景に自動運転技術の導入が期待されるラストワンマイルの配送を担う、陸上配送ロボット「... 続きを読む

楽天と東急リゾーツ&ステイ、「グラマラスダイニング蓼科」にて自動走行ロボットで商品配送サービス提供

楽天株式会社と東急リゾーツ&ステイ株式会社は、東急リゾーツ&ステイが運営する長野県茅野市の複合リゾート施設「東急リゾートタウン蓼科」のグランピング施設「グラマラスダイニング蓼科」に... 続きを読む

Refraction、自律型UGV REV-1で食料品配送実施

街で配達ロボットを突然見かけたら?どう思うだろうか?まだほとんどの人が遭遇したことはないだろうが、世界のいくつかの都市ではもう始まっている。未来の絵空事がいよいよ身近になるのだ。 ... 続きを読む

CYBERDYNE、清掃用ロボット「CL02」:ターミナル消毒作業目的で羽田空港へ導入決定

次世代型清掃用ロボット「CL02」 CYBERDYNE株式会社は、次世代型清掃用ロボット「CL02」に対し、機能拡張性を更に強化するための改良を行った。CL02に目的に応じた... 続きを読む

DFA、配送ロボット「YAPE」フランクフルト空港で配送実験実施

株式会社DroneFutureAviation(以下:DFA)が独占取扱権を有する陸上用配送ロボット「YAPE」がドイツ・フランクフルト空港にて、空港運営会社であるフラポート社と実... 続きを読む