Airobotics、東京海上日動と連携し、ドローン撮影とAI解析により損害調査・修理費を算出する取り組みを開始

2019-06-13 掲載

Airoboticsは、東京海上日動⽕災保険株式会社と連携し、ドローンで撮影した複数の画像を人⼯知能(AI)で解析することで、損害調査から修理費の算出までを⾏う取り組みを2019年6月より開始する。対象は、主に企業が所有・管理する⼯場や倉庫等。

建物点検のイメージ。可視カメラ、⾚外線カメラで取得したデータを統合し、AIを活用することで、効率的に損害状況を把握する

解析と算出の手順は、まず、ドローンで撮影した⼯場や倉庫等の空撮画像を繋ぎ合わせて、正確に損害箇所や損害状況が把握できる画像データおよび3Dモデルを作成する。作成したデータを解析し、具体的な損傷状況や損害額を迅速に算出。同社のデータ解析プラットフォームを⽤いることで、これまで⼯数がかかっていた調査から修理費の算出までを、正確かつ迅速に⾏うことが出来るようになるという。

加えて、ユーザーの同意の基に撮影した大量の画像データ、及び、損害鑑定人等による画像診断結果をAIに学習させることで、精度を向上させる。

この取り組みにより、これまでは東京海上日動の損害鑑定人による調査で通常1ヶ月程度かかっていた保険⾦の⽀払い期間を短縮出来る。また、多くの箇所で同じタイミングに調査が必要となる広域災害発⽣時においても、迅速かつ多くのユーザーの物件に損害調査を実施出来るようになるという。

▶︎Airobotics

関連する記事

大事なお金の話:ドローン最新投資トレンド2019

昨年末赤外線カメラの製造を専門とするFLIRが2億ドルでUAV開発企業Aeryon Labsを買収し、以前公表された最高出資額1億3400万ドルの記録を塗り替えた。2018年はドロ... 続きを読む

イスラエルAirobotics、自動ドローンプラットフォームを発表

ドローン産業は、機体そのものよりもその周辺で起きているビジネスが面白い。以前もお伝えしたが、ドローンの離着陸や充電をまかなうDRONEBOXや大手ロジスティック企業のDHLなどプラ... 続きを読む