楽天と西友、国内初となる離島へのドローン商用配送サービスを今夏開始〜西友店舗から横須賀沖の猿島へ、バーベキュー用の食材や飲料、救急用品などを配送

2019-06-17 掲載

楽天株式会社と合同会社西友は、神奈川県横須賀市内の「西友 リヴィンよこすか店」から、観光地である猿島へ商品を届けるドローン配送サービスを、今夏2019年7月4日(木)より約3カ月にわたって提供する。東京湾唯一の無人島である猿島は、年間20万人が来島する人気の観光地。

夏場には、多くの観光客が訪れまるため、今回のサービスにおいて猿島を訪れる一般利用者が、スマートフォンを使い楽天のドローン配送サービス「楽天ドローン」専用アプリから、対岸に位置する「西友 リヴィンよこすか店」で取り扱うバーベキュー用の生鮮品を含む食材や飲料、救急用品など約400品目の商品から注文可能となる。

要冷商品は西友が新たに開発した専用の保冷バッグを使用する。「楽天ドローン」の専用ドローンによって、指定された時間に猿島内に設置したドローン着陸ポートへと配送されるフローとなる。

横須賀市では現在、スマートモビリティ(賢い移動運搬手段)を活用した新規ビジネス創出や社会的課題解決を目的とした「ヨコスカ×スマートモビリティ・チャレンジ」を推進中だ。同サービス提供を通じて、利用者が求める商品層の把握やドローン配送の運用ノウハウを蓄積し、将来的に同市内で地理的な課題を抱える地域における買い物困難者の救済や災害支援へと貢献していくことを目指すとしている。楽天の安藤公二 常務執行役員は以下のようにコメントした。

楽天市場および楽天西友ネットスーパーにおいても協業を行う西友と、今回新たにドローン物流の分野でも取り組みを共にできることを大変嬉しく思います。本サービスでは、一般のお客様がご自身で注文した商品が、ドローンで空から配送されるという先進的なショッピング体験を提供します。

今回の取り組みをはじめ、今後もより多くの方にドローン配送の利便性を感じていただけるよう、イノベーションを加速してまいります。

西友の執行役員シニア・バイス・プレジデント EC事業本部 竹田珠恵氏は、以下のようにコメントしている。

西友も以前から、ネットスーパーでのドローン配送を検討する中で、今回、楽天からお話しをいただき、ぜひともという形で参画させていただきました。

将来的には、楽天と共同運営をする「楽天西友ネットスーパー」においても、店舗でのお買い物が困難な方も含めたすべてのお客様に、品質の高い商品を低価格でお届けし、より多くのお客様の豊かな生活に寄与したいと考えております。

■「横須賀市の離島へのドローン配送サービス」概要(以下プレスリリースより)

  • 実施期間:2019年7月~2019年9月の木・金・土曜日(注文受付開始:各実施日の0時)
    ※実施日は、運用都合上変更となる可能性がございます。変更の場合は、楽天ドローンHPおよびアプリ上にてご案内いたします。
  • 利用方法: 注文者自身のスマートフォンに「楽天ドローン」アプリをダウンロードし、楽天IDでログイン。
    アプリ内の約400品目の商品から希望の商品を指定し、提示されるお届け可能時間から受け取り希望時間を選択、「楽天ペイ(オンライン決済)」で支払いを行うと、注文が完了します。
    ※配送ステータスは、アプリ上で確認でき、商品が到着するとアプリのプッシュ通知が届きます。
  • 配送料: 500円(税込)※商品代金とは別途加算。
  • 主な商品: 精肉、野菜、酒、飲料、消耗品、絆創膏などの救急用品など雨天や強風などの悪天候時には運用を中止します。
    ※当日の実施可否は、アプリ上でご覧いただけます。
  • 実施主体: 楽天株式会社、合同会社西友
  • 実施協力: 株式会社トライアングル
  • 楽天
    西友

    関連する記事

    国内初、オンライン診療・服薬指導と連動した処方箋医薬品ドローン配送実証実験を実施

    経済産業省北海道経済産業局(以下:経産省)と国立大学法人旭川医科大学(以下:旭川医科大学)、ANAホールディングス株式会社(以下:ANAHD)、株式会社アインホールディングス(以下... 続きを読む

    Wing、ドローン配送でバージニア州の学生に図書館の本を届ける

    バージニア州の司書が思いついたのは、ソーシャルディスタンシングを取りながら図書館の本をドローンで配達して、より多くの子どもたちに読書を奨励するというアイデアだ。そのアイデアが実現し... 続きを読む

    Flirtey、基本特許取得しドローン配送を現実化

    Flirteyの創設者兼CEOであるMatthew Sweeny氏 商用ドローン配送業界のパイオニアであるFlirteyは5月末ドローンによる荷物の安全かつ正確な配送に関する特許... 続きを読む

    Ehang、次の狙いは商業物流。150kg超Ehang216、CAACより商業物流業務承認

    Ehangは、Ehang 216が、中国民間航空局(CAAC)の認可を得て、商業顧客向けに貨物輸送の試験運用を行うことを発表した。今回の承認は、2019年2月にCAACが公布... 続きを読む

    UPS、リタイアメントコミュニティーへドローン配送開始

    UPS子会社のUPS Flight Forward (以下:UPSFF)とCVS Health Corporationは、ドローンを使用して、13万5000人以上の住民が住む米国最... 続きを読む