DJI、Ronin-SC発表!大きさも価格もコンパクト!今いちばん欲しいジンバルはこれだ!

2019-07-17 掲載

一昨日から噂されていたRonin-S後継機種が正式に発表された。ちょうど最近のデジタル一眼からミラーレス機の新発表が相次ぐ中、ミラーレスカメラ用に設計された片手持ち3軸ジンバルRonin-SCがいよいよ公開された。重量(1.1kg)も大きさもそして価格もコンパクトになり、最大バッテリー駆動時間11時間と新たに盛り込まれた機能もスマートなRonin-SCに期待だ。

すでにRonin-Sは、定価64,800円が、57,780円までプライスダウンしているが、今、購入を決めるなら断然Ronin-SC(51,300円)だろう。詳細はさらに追ってお伝えしたい。

▶︎DJI Ronin-SC
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

do、アマナビとドローンの産業パイロット教育機関UTCで新プログラム提供開始

do株式会社は、株式会社アマナビと共同で開発を進めてきたドローン空撮講習プログラム「アマナ空撮技術コースpowered by airvision」を、DJIが設立したドローン専門ト... 続きを読む

DRONEII、米・ドローンメーカーマーケットシェアTOP10発表、DJIが圧倒的シェア

DRONE.jp提携先のDrone Indusry Insight社(以下:DRONEII)が、アメリカにおけるドローンメーカーのマーケットシェアTOP10を発表した。 DJIが... 続きを読む

DJI、「農業Week」に「P4 MULTISPECTRAL」国内初展示

DJI JAPAN 株式会社(以下:DJI)は、2019年10月9日から11日までの3日間、幕張メッセで開催される国内最大の農業・畜産の総合展「農業Week」(旧:農業ワールド)に... 続きを読む

DJI、AirWorksで商用ドローン業界向けツールと技術発表 [AIRWORKS 2019]

農業ドローンAgras T16 DJIは、米国ロサンゼルスで2019年9月24日から3日間開催しているDJI年次カンファレンス「AirWorks 2019」で、企業や政府機関... 続きを読む

DJI、精密農業・土地管理用ドローン「P4 MULTISPECTRAL」発表 [AIRWORKS 2019]

AirWorks 2019で発表された「P4 MULTISPECTRAL」 DJIは、精密農業と環境管理を目的に設計された、世界初の完全統合型マルチスペクトルイメージングドローン... 続きを読む