DJI、ミラーレスカメラ用スタビライザー「Ronin-SC」発売。被写体トラッキングなどのインテリジェント機能搭載

2019-07-18 掲載

DJIは、Roninシリーズの新製品としてミラーレスカメラ用片手持ち3軸ジンバル「Ronin-SC(S Compact)」を2019年7月17日に発売する。標準版とFocusホイールや外付けFocusモーター、RSS(リモートスタート/ストップ)スプリッターが付属するRonin-SC Proコンボの2モデル。希望小売価格は以下の通り。

  • Ronin-SC 標準版:税込51,300円
  • Ronin-SC Proコンボ:税込62,100円

Ronin-SCは、重量1.1kgで、Ronin-Sと比べると41%の軽量化を実現。バックパックやケースに収納できるように分解可能。Ronin-SCの素材にはマグネシウム/スチール/アルミニウム/複合プラスチックなどの耐久性のある素材を採用。高性能モーターにより、積載量(試験時)は最大2.0kgまで対応し、専用バッテリーで最大動作時間は11時間となっている。

ユーザーから収集したRonin-Sに関するフィードバックに基づき、Ronin-SCでは、パン軸/チルト軸/ロール軸の3軸ロックなどの新しい設計を採用しており、カメラのバランス調整が簡易化され、運搬後に再度撮影を行う場面などにおいて利便性を発揮するとしている。また、新しいポジションロックシステムを特徴としており、ジンバルのバランス調整が一旦完了していれば、再度カメラを取り付ける際に、すぐに作業を開始でき、撮影時の時間を節約できるとしている。

また、Ronin-Sと同様に、ジョイスティックでジンバル動作を制御し、モード(M)ボタンと前部にあるトリガーボタンを使用して、様々なモードに切り替えたり、ジンバル設定を変更可能。

多数のインテリジェントモードを搭載しており、刷新したRoninアプリでは、最大3つのカスタムプロファイルを設定でき、モーター出力などの設定を調整し、バランステストを実行してカメラシステムが正しく設定されているかを確認できる。

Roll 360の設定は、カスタムプロファイルの1つに保存可能。動きの激しい撮影シーンでは、モード(M)ボタンを長押しするだけで、スポーツモードにアクセスし、ジンバルの反応速度を速めることができる。Ronin-SCは、Ronin-Sと同様の機能に加えて、Force MobileやActiveTrack 3.0などの新機能を搭載。Ronin-SCの主な特徴は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

  • 新機能 Force Mobile※1新機能Force Mobileは、Force Proのように、接続したモバイル端末[1]の動作をRonin-SCジンバルと同期させ、カメラワークとジンバル操作を分担し、手軽に没入感のある撮影を体験できます。 Bluetooth 5.0接続を使用して、約25 m先からでもジンバルの動きを操作できます※2
  • 進化したActiveTrack3.0:Ronin-SCでは、モバイル端末を使用して被写体を選択することにより、ジンバルはその被写体を正確に追従します。新しくなったアルゴリズムには、ディープラーニングや人物認識に対する最適化計算が組み込まれており、一部のDJIドローンやOsmoシリーズで使用されている技術と同様に、ActiveTrack3.0は、スマートフォン側のカメラビューを使用して、この情報をRonin-SCに送信します。
    付属のスマートフォンホルダーで、スマートフォンをカメラのホットシュー上部に取り付け、Roninアプリ上から被写体を選択することで自動でフォローします。
  • バーチャルジョイスティック:Ronin-SCが三脚または一脚に装着されている場合に、バーチャルジョイスティックを使用してジンバル動作をリモートで制御できます。
  • タイムラプス:インターバル/クリップ/1秒あたりのフレーム数などの設定を調整し、魅力的なタイムラプスでコンテンツを作成できます。
  • モーションラプス:タイムラプスに動きの要素を追加します。
  • モーションコントロール:最大10点まで選択し、トラックで独自の移動経路を設定できます。
  • パノラマ:行や列方向に複数の写真を自動でパノラマ撮影します。
※1現在、Force Mobileの機能はiOSデバイスでのみ動作します。
※2距離は、障害物のない開けた環境で実施した測定値です。

Ronin-SCは、市販されているミラーレスカメラとシームレスに連携可能な設計となっている。対応するカメラの一覧はこちらを参照してほしい。

また、Ronin-SCは、外付けFocusモーター、コマンドユニット、DJI Force Pro、DJI Master Wheelsなどの様々なDJIアクセサリーや、一部のサードパーティ製アクセサリーなどに対応している。

Ronin-SC
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

DJI、折りたたみ対応や被写体を追尾するActiveTrack3.0、ジェスチャーモードを搭載したOsmo Mobile 3を発売

DJI JAPANは、スマートフォン向けハンディスタビライザー「Osmo Mobile 3」の予約販売を2019年8月13日より、アップルストア各店舗で先行販売開始を8月14日より... 続きを読む

DJI、8月13日に新製品発表か?ティザーサイト登場。Osmo新製品?

DJIサイトで新製品発表のティザーが加わった。8月13日午前9時(アメリカ東部標準時間:日本は22時)に新製品をアナウンスするという。 これまでもそのティザーにそのヒントが隠され... 続きを読む

DJI、世界中の学生エンジニアが集う次世代ロボットコンテスト「ROBOMASTER 2019」を開催

DJIは、ロボットコンテスト「ROBOMASTER 2019」を2019年8月3日から11日まで中国深圳市で開催する。RoboMasterは、ロボットの設計や開発を学ぶ学生エンジニ... 続きを読む

参加者募集中!ドローン先進国アメリカで学ぶ「DJI AirWorks 2019 JAPAN TOUR」開催

産業ドローンのユーザー、専門家、技術者、政策立案者の年次カンファレスである「DJI AirWorks」が2019年9月24日から26日までの3日間、アメリカ・ロサンゼルスで開催され... 続きを読む

[Reviews]Vol.32 可能性は無限大!?誰でもエンジニアになれる「RoboMaster S1」[プログラミング検証編]

DJIから発売された地上走行ロボットRoboMaster S1。一見ラジコンのようですが、本格的なプログラミングができるロボット工学教材です。プログラミングができる教育教材と言えば... 続きを読む