ヤマハ発動機、浜松市での農業用UGV(無人走行車両)の走行試験を開始

2019-07-29 掲載
開発中のUGV(Unmanned Ground Vehicle)

ヤマハ発動機株式会社は、浜松市と株式会社時之栖の協力の下、静岡県浜松市の体験型テーマパーク「はままつフルーツパーク時之栖(ときのすみか)」内の果樹圃場において、農業用UGV(無人走行車両)の走行試験を2019年8月から開始する。

走行試験は多種多様な果樹圃場での車両の基本性能評価や、自律走行技術の評価・知見の獲得が目的。同取り組みは、同社の長期ビジョンの一つ「ART for Human Possibilities,Advancing Robotics」の一環として行う。なお、同試験において来園者の試乗や操作はできない。試験概要は以下の通り。

  • 場所:はままつフルーツパーク時之栖(静岡県浜松市北区都田町4263-1)
  • 期間:2019年8月~2020年3月
  • 内容:
    1.車両の基本性能評価(発進・停止・旋回や圃場での走破性の検証など)
    2.自律走行技術の評価・知見獲得(画像処理技術や位置情報制御の確認など)
ヤマハ発動機株式会社
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

Refraction、自律型UGV REV-1で食料品配送実施

街で配達ロボットを突然見かけたら?どう思うだろうか?まだほとんどの人が遭遇したことはないだろうが、世界のいくつかの都市ではもう始まっている。未来の絵空事がいよいよ身近になるのだ。 ... 続きを読む

ヤマハ発動機、自動飛行ドローン「YMR-08AP」実証散布スタート

「YMR-08AP」による、ばれいしょ畑の防除の様子 ヤマハ発動機株式会社は、静岡県浜松市のばれいしょ畑にて、生産者、薬剤メーカー、JA、県農林事務所と協同で自動飛行ドローン... 続きを読む

CYBERDYNE、清掃用ロボット「CL02」:ターミナル消毒作業目的で羽田空港へ導入決定

次世代型清掃用ロボット「CL02」 CYBERDYNE株式会社は、次世代型清掃用ロボット「CL02」に対し、機能拡張性を更に強化するための改良を行った。CL02に目的に応じた... 続きを読む

ヤマハ発動機、自動飛行が可能な農業用ドローン「YMR-08AP」発売

「YMR-08AP」本体と自動散布を可能とする機材構成 ヤマハ発動機株式会社は、農業用マルチローター(ドローン)のラインアップとして、自動飛行が可能な「YMR-08AP」を202... 続きを読む

ヤマハ発動機、花粉飛散防止剤の散布試験でドローンが活躍

散布試験に用いられた産業用マルチローター「YMR-08」 ヤマハ発動機株式会社は、同社の産業用マルチローター(ドローン)「YMR-08」を用いて、昨年9月末に浜松市の静岡県森... 続きを読む