ヤマハ発動機、浜松市での農業用UGV(無人走行車両)の走行試験を開始

2019-07-29 掲載
開発中のUGV(Unmanned Ground Vehicle)

ヤマハ発動機株式会社は、浜松市と株式会社時之栖の協力の下、静岡県浜松市の体験型テーマパーク「はままつフルーツパーク時之栖(ときのすみか)」内の果樹圃場において、農業用UGV(無人走行車両)の走行試験を2019年8月から開始する。

走行試験は多種多様な果樹圃場での車両の基本性能評価や、自律走行技術の評価・知見の獲得が目的。同取り組みは、同社の長期ビジョンの一つ「ART for Human Possibilities,Advancing Robotics」の一環として行う。なお、同試験において来園者の試乗や操作はできない。試験概要は以下の通り。

  • 場所:はままつフルーツパーク時之栖(静岡県浜松市北区都田町4263-1)
  • 期間:2019年8月~2020年3月
  • 内容:
    1.車両の基本性能評価(発進・停止・旋回や圃場での走破性の検証など)
    2.自律走行技術の評価・知見獲得(画像処理技術や位置情報制御の確認など)
ヤマハ発動機株式会社

関連する記事

Walmart、ドローン配送を開始〜ドローンで商品が届く日がやってきた!

ドローン配送で買い物もいよいよ現実味を帯びてきた新規事業でドローン関連の多くの特許を取得している世界最大のスーパーマーケットチェーンのWalmart(日本の西友もその傘下)は、ノー... 続きを読む

アトラックラボ、アバターロボットに最適なローバー型ロボット「AT-CARTベーシック」発売

株式会社アトラックラボは、無人搬送車のベースとなるローバー型ロボット「AT-CARTベーシック」を発売した。価格は税別18万円で、シャーシは組み立て済み完成品。 AT-CAR... 続きを読む

DFA、陸上配送ロボット「YAPE」商用プログラム・パートナー企業を5社限定で募集

株式会社Drone Future Aviation(以下:DFA)は、EC化の進展と労働力不足を背景に自動運転技術の導入が期待されるラストワンマイルの配送を担う、陸上配送ロボット「... 続きを読む

楽天と東急リゾーツ&ステイ、「グラマラスダイニング蓼科」にて自動走行ロボットで商品配送サービス提供

楽天株式会社と東急リゾーツ&ステイ株式会社は、東急リゾーツ&ステイが運営する長野県茅野市の複合リゾート施設「東急リゾートタウン蓼科」のグランピング施設「グラマラスダイニング蓼科」に... 続きを読む

Refraction、自律型UGV REV-1で食料品配送実施

街で配達ロボットを突然見かけたら?どう思うだろうか?まだほとんどの人が遭遇したことはないだろうが、世界のいくつかの都市ではもう始まっている。未来の絵空事がいよいよ身近になるのだ。 ... 続きを読む