DRONE

ヤマハ発動機、浜松市での農業用UGV(無人走行車両)の走行試験を開始

ヤマハ発動機、浜松市での農業用UGV(無人走行車両)の走行試験を開始
開発中のUGV(Unmanned Ground Vehicle)

ヤマハ発動機株式会社は、浜松市と株式会社時之栖の協力の下、静岡県浜松市の体験型テーマパーク「はままつフルーツパーク時之栖(ときのすみか)」内の果樹圃場において、農業用UGV(無人走行車両)の走行試験を2019年8月から開始する。

走行試験は多種多様な果樹圃場での車両の基本性能評価や、自律走行技術の評価・知見の獲得が目的。同取り組みは、同社の長期ビジョンの一つ「ART for Human Possibilities,Advancing Robotics」の一環として行う。なお、同試験において来園者の試乗や操作はできない。試験概要は以下の通り。

  • 場所:はままつフルーツパーク時之栖(静岡県浜松市北区都田町4263-1)
  • 期間:2019年8月~2020年3月
  • 内容:
    1.車両の基本性能評価(発進・停止・旋回や圃場での走破性の検証など)
    2.自律走行技術の評価・知見獲得(画像処理技術や位置情報制御の確認など)
Return Top