Youcan Robotics Japan、水中ドローン「BW Space Pro」シリーズを発売、水深100mの撮影が可能

2019-07-31 掲載

株式会社Youcan Robotics Japan(以下:Youcan Robot)は、水中ドローン「BW Space Pro」シリーズ、4Kモデル・4Kズームモデル・FHDモデルの3モデルを発売する。発売予定日と希望小売価格は以下の通り。

  • 4Kモデル(2019年8月8日発売):130度広角4Kレンズを搭載:税別150,000円
  • 4Kズームモデル(2019年10月発売予定):光学3倍、デジタル2倍の最大6倍のズームカメラを搭載
  • FHDモデル(2019年9月発売予定):運動性能はそのままで、FHDカメラ搭載のエントリーモデル

BW Space Pro 4Kモデルは、Youcan Robotが生産、発売した小型水中ドローン(ROV)セット。Sony製1/1.7インチCMOS搭載4Kカメラ、130度の広角レンズを採用し、「100mまで潜水」、「水中ホバリング」、「自動方向修正」、「自動調光」などの性能を継承。水中姿勢調整の面でアップグレードし、新しい2+2構造のスラスター設計で、「垂直上下」と「仰俯角最大±45度調整・維持・推進」機能を実現した。

43×33cmのボディデザインで持ち運びやすく、海水浴、ダイビング、フィッシングなどのマリンレジャーのほか、各種水中撮影、水中探査、水中点検、漁業、船舶、科学研究など様々な分野で活用できるという。主な性能と特徴は以下の通り。

  • 手ぶれ補正機能
  • 仰俯角最大45度調整・維持・推進、多角度で水中映像を捉え仰俯角度を維持したままで前後移動可能
  • 垂直水平2+2スラスター構造
  • 高速、低騒音を備えたスラスターが、水中で安全かつスムーズな動きを実現
  • 大容量バッテリー9600mAhで最大5時間の使用時間をサポート
  • 水中ホバリング
  • ワンクリックで深度維持したまま撮影可能
  • 最大100m潜水可能
  • 航空機レベルの強度強化プラスチック材料を採用し、耐高圧性および耐腐食性を誇る
  • APP遠隔操縦、スマホ/タブレットのリアルタイム映像伝送で水中の景色を楽しめる
  • 自動調光システム、インテリジェント撮影体験
  • 撮影した静止画と動画をSNSに投稿、シェア可能
  • 水中ライブや、VRメガネをかけ、没入感のある水中体験が可能
  • 酸化処理済みのアルミニウム合金材で防水性、耐海水、耐腐食性を確保
  • 複数のデバイスに同時に映像伝送し、そのうちの一つをマスターデバイスに設定して操縦可能
  • 付属のリールで作業後にケーブルを回収できる
  • 3段階のスピード切替え可能
  • ケーブルにつけた「フック」を機体に装着した「リンク」にかけ、波の荒い海でも紛失のリスクを減らす
  • 持ち運びしやすいハンドルデザイン
Youcan Robotics Japan

関連する記事

4Kズーム可能な水中ドローン「BW Space Pro」がクラウドファンディングで目標金額達成。現在180%を超え進行中

水中ロボットの総合メーカー株式会社Youcan Robotics Japan(以下:Youcan Robot)の最新式水中ドローン「BW Space Pro」が、クラウドファンディ... 続きを読む

FullDepth、水中ドローン深海1,000m映像鑑賞イベント開催

水中ドローンスタートアップ企業FullDepthは、2019年4月23日(火)19時よりDMM.make AKIBAにおいて、 「水中ドローンで深海1,000mに行ったときの映像を... 続きを読む