NTTドコモ、「ドローンプラットフォームdocomo sky」のライブストリーミング機能開発

2019-09-06 掲載
ライブストリーミング機能の活用イメージ

株式会社NTTドコモ(以下:ドコモ)は、ドローン運用をトータルにサポートする「ドローンプラットフォームdocomo sky」において、ドローンで撮影した映像を多拠点へ同時中継できるライブストリーミング機能を開発した。同機能により、災害現場など人が立ち入ることが困難なエリアの状況を、ドローンによる撮影で遠隔地から把握することが可能となる。

ドローンの操縦者はGCSアプリを用いて、ドローンによる映像撮影をコントロールし、災害現場などの映像を中継する。ライブ映像は、ドコモの携帯電話ネットワークと「docomo sky」のシステムを経由し、セキュアなクラウド環境下で多拠点に配信される。

※GCSアプリ(Ground Control Stationアプリ):ドローンを地上から操作するために利用するソフトウェア

災害時に同機能を活用すると、災害対策本部や現場事務所、避難所などのPCやタブレット、スマートフォンへの災害現場の映像配信が可能。同機能は、実証実験を経て2019年内に商用機能としてリリースを予定している。

なお、実証実験の一環として2019年9月1日には徳島県の「令和元年度徳島県総合防災訓練」において同機能のデモンストレーションを行った。

docomo sky

関連する記事

ANAホールディングスと長崎県五島市、ドローンで離島間無人物流実証実験を実施

ANAホールディングス株式会社(以下:ANAHD)と長崎県五島市は、株式会社自律制御システム研究所(以下:ACSL)、株式会社NTTドコモ(以下:ドコモ)、株式会社プロダクションナ... 続きを読む

NTTdocomo、ドローンを活用したビジネスを支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky」を開発

株式会社NTTドコモは、ドローンを用いたサービスを提供する企業向けにドローン運用をトータルにサポートする「ドローンプラットフォーム docomo skyTM(ドコモ スカイ)」を開... 続きを読む