アイ・ロボティクス、三井住友海上と連携。ドローン点検サービスに10億円の保険を標準適用

2019-10-07 掲載

株式会社アイ・ロボティクスは、2019年6月に開始したマイクロ・ドローンによる狭隘部ドローン点検サービス、および従前より提供している通常のドローン点検サービスに関し、三井住友海上火災保険株式会社と連携し、専用の保険契約を締結した。

アイ・ロボティクスの提供するドローンによる点検サービスには対人1億円、対物10億円の保険が標準で付加され、ユーザーの安心と資産の保全を図り、運用するドローンパイロットも含めて包括的にカバーするとしている。

アイ・ロボティクスの提供するドローン点検サービス、特に狭隘部ドローン点検サービスは、プラント内の人の入れない危険地帯や非常に高負荷な環境での運用を想定している。サービスの提供では、綿密な実施計画に基づき熟練したスタッフが行うが、ドローンは空中を飛び風を巻き起こしながら作業を行うため、万が一の事故は常に想定しておかなければならない。

アイ・ロボティクスは、大規模プラント内での運用をメインの業務としており、安全・確実に作業を行うにあたり、三井住友海上火災保険株式会社と連携した。ドローン点検サービスに標準適用される保険の概要は以下の通り。

アイ・ロボティクスの提供するドローン点検サービスにより他人の身体・財物に損害を与えた事による賠償責任

  • 身体:1億円 (免責1万円)
  • 財物:10億円(免責1万円)

アイ・ロボティクスの提供するドローン点検サービスにより以下の補償が必要になった場合の付帯特約

  • 使用不能損害補償特約(1事故2000万円)
    物理的に損壊せずに使用不能になった場合の法律上の損害賠償責任
  • 人格権侵害補償(1名100万円 1事故1000万円)
    映像等による表示行為によるプライバシー侵害および名誉毀損に起因する法律上の損害賠償責任
  • 訴訟対応補償(1事故1000万円)
    対象となる事故に起因して国内で訴訟を提起された場合の争訟費用と各種費用
  • 初期対応補償(1事故1000万円)
    対象となる事故の発生時に事故現場の保存、取方付け、原因調査およびそのために必要な各種費用
  • 以上の補償が、アイ・ロボティクスが提供するドローン点検サービスには標準適用となり、アイ・ロボティクスが発注する委託パイロット、下請負人も自動で保険の対象となる。

    なお、保険の詳細や、より高額な保険の適用についての相談はアイ・ロボティクス営業担当者に確認してほしい。

    アイ・ロボティクス

    関連する記事

    広島県神石高原町、防災・減災目的のドローンコンソーシアム設立

    広島県神石高原町は、防災・減災を目的としたドローンコンソーシアムを設立する。 同コンソーシアムは、ドローン技術を持つ関連企業・団体が集まり、ドローンを活用して神石高原町が直面... 続きを読む

    アイ・ロボティクス、マイクロ・ドローンによる狭隘部のドローン点検サービスを開始

    株式会社アイ・ロボティクスは、リックス株式会社、一般社団法人日本ドローンレース協会(以下:JDRA)、およびマイクロ・ドローン撮影を得意とする増田勝彦氏(株式会社エウレカ)と共同し... 続きを読む

    アイ・ロボティクス、ドローンを利用したプラント向けソリューションを開始。工期短縮・コスト削減を可能に

    ドローンが利用されるプラント・イメージ(pixta) 株式会社アイ・ロボティクスは、研究・実証実験の実績をもとに、将来的にプラントオペレーションにドローンの導入を検討する企業... 続きを読む

    ドローン農業利用の可能性を探るコンテスト「ドロコン®2018 in KAWACHI」を開催

    茨城県河内町と株式会社アイ・ロボティクスは「ドロコン®2018 in KAWACHI」を3月18日に開催する。 ドローンフィールドKAWACHI 産業分野でのドローン活用技... 続きを読む