DRONEII、米・ドローンメーカーマーケットシェアTOP10発表、DJIが圧倒的シェア

2019-10-15 掲載

DRONE.jp提携先のDrone Indusry Insight社(以下:DRONEII)が、アメリカにおけるドローンメーカーのマーケットシェアTOP10を発表した。

DJIが他社を圧倒的に引き離しリードしている。そのような中、米中間の終わりが見えない貿易戦争が続いている。ドローン業界は経済紛争の影響を受けやすいようだ。提案されたAmerican Drone Security Act 2019では、中国製ドローンの購入にフェデラルファンドを利用することを禁止し、米国の連邦機関にDJI製プラットフォームの購入と使用を禁止している。

しかしDRONEIIの収集したマーケットシェアデータが示すように、このグローバルリーダー企業の米国内での重要性が大きく揺れることはないだろう。

American Drone Security Act 2019とは

もしAmerican Drone Security Actが可決された場合、中国製ドローンを使用している司法省や内務省等の連邦機関はすべて、180日以内にそのドローンの使用と購入を停止しなければならない。言い換えれば、警察、消防署、交通管制官やその他多くの人々がドローンを失い、他のベンダーを見つけるかドローンの使用を諦めることになる。

9月下旬、DJIは米国のファースト・レスポンダー向けに災害救援プログラムを開始した。このプログラムでは、選ばれたパートナーに大災害時および災害後におけるDJI製ハードウェアとソフトウェアへのアクセスを提供する。American Drone Security Actが可決されれば、こうしたプログラムは頓挫する。

DJIへの影響

現時点でDoJに採用されているDJI製ドローンは約600個。これは、米国内で私用および商用目的で使用されているDJI製ドローンが数十万個あることと比較すると、重要とは言えない。そのためAmerican Drone Security Actは、世界的にも米国内においても、DJIの商業的重要性に直接的には影響しないだろう。

過去数年間で、DJIはホビー市場から、長期的な見込みがあり成長している商業ドローン市場へと焦点を移してきた。

しかし、DJI製ドローンの公共利用の禁止は、商業利用制限への踏み台にもなり得る。米国政府は間違いなく、DJIが中国で製造した商品の輸入関税を引き上げ、利益を制限しようとするだろう。これまでのところ、DJIは関税の引き揚げによる製品の値上げという形で、過酷な局面にさらされている。

さらに、DJIがユーザーデータにアクセスして悪用しているという申し立ては、商用ドローン市場での評判に影響を与えかねない。そのため、海外のプラットフォームで取得したデータを保存して違法に使用しているのではないかという主張を、DJIも非常に深刻に受け止めている。そしてこれらは根拠のない告発であると述べ、データの取得や悪用はしていないことをユーザーに保証している。

DJI社製ドローンを使用している公共機関について

新しい法律が可決された場合、DJIの売上は必ずしも直接損害を受けるとは言えないが、米国内務省と司法省は他のプラットフォームを探している。現在の米国内ドローンメーカーのマーケットシェアにはそう多くの選択肢はない。

YuneecとAutel Roboticsは、いずれもこの法律の影響を受ける可能性が高い中国メーカーだが、DoIやDoJで使用されるようなより一般的なプラットフォームは製造していない。Intelはマーケットシェアで上位にランクインしているが、これは主にドローンショーにのみ使用され、実際は外部には販売されていないシューティングスタープラットフォームの数が多いためだ。

一方、シェアトップ10に入る他の著名な企業には、ハードウェア生産を終了したGoProや3DRなどのメーカーや、ユースケースに対応したプラットフォームではないHoly Stoneなどのホビードローンのメーカーが含まれる。さらに多くの人がすでに指摘しているように、予算が限られる公的機関が、DJI製ドローンの代替製品を同等か競合する価格帯で探すのは困難だ。

現在、ヨーロッパとアメリカの企業、特にParrotが業界で支配的地位を得る準備ができているようだ。ParrotのAnafiドローンは、すでにDoIの「UASフリート」の一部を占めつつあり、運用から排除される600個のDJI製ドローンの代替品候補となり得るだろう。

今後の見通し

法案が実際に可決するかどうかはまだ不明だ。現在、法案は民主党と共和党の双方から支持されており、可決される可能性が高い。しかしDJIとそのパートナーは、これは賢明な判断ではないこと、同社は米国の公的機関を支援していくことが可能であり、またそうするべきであるという立場を明確にするため懸命に取り組んでいる。

同社は毎年恒例のAirworksカンファレンスで新しいファースト・レスポンダープログラムを発表しただけでなく、農業業界向けに特化した2つの新ドローンもリリースした。これらのリリースと米国および世界中での強力な戦略的パートナーシップを通じ、DJIは米国政府に対して「DJI製品の公的利用を禁止する法案にとらわれず、同社は商業ドローンマーケット発展の原動力であり、今後もそうあり続ける」という明確なメッセージを発信している。

▶︎DRONEII

関連する記事

DJI、Livoxブランド初出展、高性能・低コストなLiDARセンサー発表 [CES2020]

Livox Technology Company(以下:Livox)は、高性能で大量生産可能のLiDARセンサーである「Horizon」と「Tele-15」を発表した。Horizo... 続きを読む

DJI Phantom 4 Proが帰ってきた!

DJI Phantom 4 Pro V2.0(以下:Phantom 4 PV2)が帰ってきた!人気ドローンは2019年3月に出荷を終了。当時、DJIはサイトには、「DJI Phan... 続きを読む

GoPro、Karmaの飛行できない問題を修正するファームウェアアップデートを1週間以内に公開予告

GoProは、ドローン「Karma」がGPSの不具合で飛行できない問題を修正したファームウェアアップデートを1週間以内に公開することを予告した。 Karmaは、正確な測位サー... 続きを読む

DJI、Osmo Actionスキー場無料レンタルサービス「Get Action!」スタート!!!

DJIは、2019年12月21日(土)からスキー場でアクションカメラ「Osmo Action」を無料貸し出し「Get Action!」キャンペーンを実施する。場所は、志賀高原スキー... 続きを読む

DJI、すべてOsmo Actionで撮影したコンテンツ「GIFT」12月18日公開!!

DJIは、 2019年12月18日より、Osmo Actionから見える「あなただけの視点」をテーマとした、1人称視点のショートムービー「GIFT」を公開。本編はもちろんOsmo ... 続きを読む