登壇者多数。11月1日、ドローンカンファレンスDrone Tokyo 2019 Racing&Conference開催

2019-10-24 掲載

Drone Tokyo 2019 Racing&Conference実行委員会は、2019年11月1日13~18時まで、東京ビッグサイトでドローンの産業利用実現を目指したカンファレンスを開催する(会議棟6F 605~608会議室)。入場無料だが、入場券が必要。事前の申し込みはこちらから。

日本では「空の移動革命に向けた官民協議会」が立ち上がるなど、官民学が一体となりドローンや空飛ぶクルマが前提となった社会を設計しようとしている。同委員会では、東京モーターショーという日本でモビリティが注目されるタイミングに合わせて、社会的受容性を高めるコンテンツを発信すべきだと考え、カンファレンスとドローンレースの2つのイベントを実施することとなった。

カンファレンスでは、官民から様々な登壇者が登壇し、ドローン前提社会についての理解を深める場を目指すという。登壇者は次の通り。

  • 衆議院議員 今枝宗一郎氏
  • Drone Fund創業者/代表パートナー 千葉功太郎氏
  • 内閣官房小型無人機等対策推進室参事官 長﨑敏志氏
  • 総務省移動通信課・課長 総務省移動通信課・課長 荻原直彦氏
  • 株式会社A.L.I.Technologies 代表取締役社長 片野大輔氏
  • 株式会社自律制御システム研究所 取締役最高執行責任者/COO鷲谷聡之氏
  • 株式会社ジャパン・インフラ・ウェイマーク 代表取締役社長 柴田巧氏
  • KDDI株式会社 商品・CS統括本部 商品戦略部 商品1グループリーダー 博野雅文氏
  • 名古屋鉄道株式会社 取締役常務執行役員経営戦略部長 矢野裕氏
  • 株式会社プロドローン 代表取締役社長 河野雅一氏
  • NEC PSネットワーク事業推進本部マネージャー/ロボットエバンジェリスト 西沢俊広氏
  • 株式会社日立製作所 ディフェンスビジネスユニットドローン事業開発センタ部長代理 横山敦史氏
  • TMI総合法律事務所 弁護士 新谷美保子氏

また、ドローンレースは単なるレースで終わらず、飛び回るドローンと日向坂46の音楽ライブが融合したエンターテインメントや、KDDI協力による5Gを活用した大型モニターにドローンで撮影した4K映像をリアルタイムで中継する取り組みなど、ドローンの可能性を体感できるコンテンツを提供するとしている。

ドローンレース(決勝)のチケットは公式Webサイトを参照してほしい。

FAI Drone Tokyo Racing&Conference

関連する記事

[ドローン実証実験レポート]Vol.01 君津市で実験〜Skydio J2飛行現場でみた性能の衝撃

小型点検ドローン「Skydio J2」 「Skydio J2」の正式名称は、Skydio R2 for Japanese Inspection。ドローンを利用したインフラ点検... 続きを読む

KDDI、ドローン目視外飛行をユーザー運用可能な「KDDIスマートドローン お客さま運用メニュー」開始

お客さま運用イメージ KDDIは、モバイル通信ネットワークに対応したスマートドローンの無人地帯における目視外飛行をユーザー自身で運用可能とする「KDDIスマートドローン お客... 続きを読む

KDDI、JAL、JRほか、ドローンによる医薬品配送や駅周辺フードデリバリーサービス実証実験実施

KDDI株式会社、日本航空株式会社、東日本旅客鉄道株式会社、株式会社ウェザーニューズ、テラドローン株式会社は、東京都(委託先:株式会社三菱総合研究所)の公募に対して、「東京都におけ... 続きを読む

PRODRONE、長距離物流や沿岸警備向けシングルロータードローン「PDH-GS120」発表

株式会社プロドローン(以下:PRODRONE)は、長距離物流や沿岸警備で活躍しているシングルローター型ドローン「PDH-GS120」を発表した。長距離長時間飛行のニーズに応えるため... 続きを読む

PRODRONE、機体を効果的に運用可能なグラウンド・コントロール・ステーション「PD-GCS」を発表

株式会社プロドローン(以下:PRODRONE)は、機体を効果的に運用することが可能となるPRODRONEオリジナルのグラウンド・コントロール・ステーション「PD-GCS」を発表した... 続きを読む