エアロセンス、エアロボクラウド測量計算機能強化。短縮スタティックと任意のRINEXデータに対応

2019-11-01 掲載

エアロセンス株式会社(以下:エアロセンス)は、エアロボクラウドで提供している基準点測量機能を強化した。この強化により、1級GNSS受信機を使った1級・2級の公共測量基準点の設置が可能になり、3級・4級の基準点設置がより手軽に行えるとしている。

1.他社製GNSS受信機のデータ処理が可能に。(観測ログであるRINEXファイルを入力)
  • 電子基準点との距離が10km以上の現場でも1級・2級基準点の設置が可能になる(※1)
  • エアロボマーカーと保有する他社製GNSS受信機を組み合わせて処理することで、一度により多くの点を計測できるようになる
    (※1)1級GNSS 受信機(2周波)が必要
2.短縮スタティック測位に対応
  • 現場での計測時間が60分から20分へ短縮される
  • 20分で同時に多点を測位できるので、1点ずつ測るネットワークRTKよりも作業を効率化でき、より高精度な結果が得られる。
  • 1.他社製GNSS受信機のデータ処理が可能に

    <表示例>
    1. 他社製GNSS受信機の観測位置の表示
    2. 他社製GNSS受信機の観測ログファイルの表示
    3. アップロード済みPCV補正データの選択・設定
    4. アップロード済みの観測ログの削除に対応
    • 株式会社小泉測器製作所V90plus及びV100 GNSS受信機を使った使用例
      2周波1級GNSS受信機の観測ログを入力し、20km以上離れた電子基準点の観測ログを用いて1級基準点または2級基準点を設置
      1、2級基準点を現場既知点とし、エアロボマーカーによる3、4級基準点を設置
    • その他、使い勝手の改善を実施
      アップロード済みの観測ログを削除し、条件を変えて再度計算を実行可能
    • 基準点測量機能については、今後以下のアップデートを予定
      精度の悪い新点・基線の表示・削除機能、及びその他基準点測量機能の改善

    2.短縮スタティック測位に対応

      十分な衛星数(※2)がある環境下では、エアロボマーカー及びGNSS受信機の観測時間を通常の1時間から20分に短縮し、エアロボクラウドで短縮スタティック測位を選択することが可能

      (※2)GPS・準天頂衛星を利用する場合は5衛星以上、GPS・準天頂衛星及びGLONASS衛星を利用する場合は6衛星以上
      AEROBO CLOUD

    関連する記事

    エアロセンス、測量業登録完了。測量のプロとして業界の更なる生産性向上に貢献

    エアロセンス株式会社は、測量法に基づく測量業者としての登録(登録第(1)-35960号)を完了した。 写真測量に使用されるAEROBOを2016年3月にリリースし、2017年7月... 続きを読む

    トルビズオン、私有林上空におけるドローン物流のビジネスモデルを下関市にて実装開始

    協賛各社(順不同) 株式会社トルビズオンは、セイノーホールディングス株式会社、組合林業株式会社、JForestグループ山口県森林組合連合会、山口県西部森林組合、株式会社リテールパ... 続きを読む

    エアロセンス、AEROBO onAirでゴルフ大会生中継。空撮8時間超

    エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO onAir(有線ドローンシステム)が、日本テレビ放送網株式会社の日本プロゴルフ選手権大会の撮影に採用された。AEROBO... 続きを読む

    ソニービジネスソリューションとエアロセンスが有線給電ドローン「AEROBO onAir」を活用したフライトサービスの提供を開始

    ソニービジネスソリューション株式会社と、エアロセンス株式会社は、2018年7月17日から、エアロセンスが開発した有線給電ドローン「AEROBO onAir」を活用したフライトサービ... 続きを読む

    エアロセンス、ドローン用対空標識「AEROBO Marker」がNETIS登録完了

    エアロセンス株式会社は、同社が開発、製造および販売している「AEROBO Marker(エアロボマーカー:GNSS搭載対空標識)」がドローン用対空標識としてNETIS(New Te... 続きを読む