ドローン自動捜索システムHarris Hawk、2019年度消防防災科学技術賞を受賞

2019-11-25 掲載
が2019年度 消防防災科学技術賞を受賞 ドローン×AI×クラウド

株式会社ロックガレッジは、自動捜索システム「Harris Hawk」で2019年度消防防災科学技術賞を受賞した。本賞は平成9年に開始され今年で23回目となる消防庁主催の表彰制度であり、消防防災科学技術の高度化と消防防災活動の活性化を目的として、消防機関や一般から消防防災機器等の開発・改良及び科学論文を広く募集し、その中から優秀な作品に対して消防庁長官から表彰を受けるもの。2019年度は総計87編の中から選出された。

ドローンは低空域の詳細な画像データ等を安価に取得できる新テクノロジーだ。この特性が活かされる分野として、衛星写真より詳細かつ能動的な映像データ収集、繰り返し運用による時系列データ集積、赤外線等の非可視光データ収集等の分野で活躍が期待されている。

「Harris Hawk」は、ドローンによる広域のデータ収集を自動化により安全かつ簡便化し、データのクラウド転送・解析、結果の配信を自動的に行うITプラットフォーム提供。本サービスでは、市販の安価なドローンを産業応用するために必要となるクラウドシステムを独自の技術で構築することによって、誰でも簡単に遠隔地のデータを大量に集め、解析結果を抽出・管理する手段を提供するという。

分野は、防災分野を第一のターゲットとしており、 災害時の捜索活動の補助としての活用を目指すという。他にも害獣調査、土砂災害の未然防止のためのモニタリング、植生の状態監視など、地域の問題解決を行うという。

▶︎株式会社ロックガレッジ