DRONE

Ehang、パッセンジャードローンで観光フライトを計画中

Ehang、パッセンジャードローンで観光フライトを計画中

Eangは、Ehang 216を使用して、本社所在地の広州で観光ツアーを開始する計画発表した。

同社は、空飛ぶクルマやパッセンジャードローンなど多くの呼称があるなか自律型航空機(AAV)開発ではおなじみだ。Ehangは、広州ヘリチュアンシン不動産株式会社と提携し、「世界初の商業都市内観光UAM(都市空中移動)ルート」構想を立ち上げ、運営を開始するという。両社は11月30日に共同声明を発表しコラボレーションを発表した。

広州ヘリティアンデセンター開会式で2つのEHang 216が同時飛行表示を行った

今日のデモフライトは、都市の空中移動を実現し、そのような商業活動で世界的な努力をリードする広州の旅における別の重要な一歩を示します。できるだけ早く、安全で自律的で環境に優しい都市の空の旅を可能にするために、パートナーと協力することに興奮しています。

とEHangの創設者、会長兼CEOであるHu Huazhi氏はコメントした。

この発表は、今年8月にEhangが広州をパンセンジャードローン都市として選択したニュース覗く方とも言える。当時、Ehangは、都市と連携して、都市の空中移動をサポートするために必要な基本インフラストラクチャを確立し、関連する安全規則と市場参入インフラ設計すると宣言。

Ehangは最近、ナスダックに1億米ドルの新規株式公開(IPO)を申請し、中国の本国に重点を置き、中国が世界最大のパッセンジャードローン市場」になる可能性があるとも述べている。

しかし、投資家側からの反応は芳しくなく、「中国、米国、およびその他区域では、パッセンジャードローンの商業的使用が不確実であるという声も上がっていたが、その声をはね返すようにEhangは、一歩また前進し始めたといえる。

▶︎Ehang
Return Top