パーソルP&T、ドローン活用し、自治体の生産性課題を解決へ〜神奈川県が「公共施設における施設点検の効率化」事業採択

2019-12-11 掲載
※施設確認点検用3次元モデル(株)日立システムズ提供

パーソルプロセス&テクノロジー株式会社(以下:パーソルP&T)では、神奈川県の「ドローン前提社会の実現に向けたモデル事業」の一つである、「公共施設における施設点検の効率化」事業に採択された。

その背景には、神奈川県において超高齢化社会や人口減少社会における様々な社会的課題の解決に向け、市町村や企業等と連携しテクノロジーの力を活用した実践的な取組を推進している。その一環として、ドローンを活用して社会的課題の解決に取り組む「ドローン前提社会の実現に向けたモデル事業」の提案が募集され、11月21日に第一弾の採択結果が発表された。

本事業では、公共施設である神奈川県中郡二宮町内の生涯学習センター「ラディアン」内において、カメラを装備したドローン飛行により撮影を行うことで、施設点検の効率化を図る。 具体的には、外壁や配管などの点検をドローンで行い、ヒビ、割れ、欠損等の確認点検を行う。また、ドローンによって撮影された写真データを元に、画像を3D化し点検情報と実物を関連付けて管理する3次元台帳を作成し、従来の点検管理業務よりもわかりやすく、正確かつ安全な施設管理を継続的に運用することができる。

なお、安全な飛行を実施するため、飛行操作は一般社団法人「JUIDA」の無人航空機安全運転管理者資格保有のパーソルP&T社員が操作を行い、写真データを元にした点検の運用管理まで一気通貫で実施する。

※本事業を行うにあたり国土交通省に承認※1を得て、安全を十分に確保した上で実施。 ※1:航空法132条に定める「飛行禁止区域」における飛行や、同132条の2に定める「飛行の方法」によらない飛行を行おうとする場合、国土交通省への申請が必要。
■ドローンによる点検で、安全性向上、作業時間の削減、コスト削減を実現

従来の人による施設確認点検とドローンによる点検を比較すると、安全性、作業時間、コスト削減といった面で大きな差があり、ドローンによる点検が普及、一般化することで施設の持続可能な安全性を確認することができる。

▶︎パーソルプロセス&テクノロジー株式会社

関連する記事

パーソルP&T、「ドローン利活用 オンライン個別相談会」開催

パーソルプロセス&テクノロジー株式会社(以下:パーソルP&T)は、産業用ドローンの利活用を検討している企業向けにオンラインの個別相談会を開催する。 同相談会の申込み対象は、建... 続きを読む

広島県神石高原町、防災・減災目的のドローンコンソーシアム設立

広島県神石高原町は、防災・減災を目的としたドローンコンソーシアムを設立する。 同コンソーシアムは、ドローン技術を持つ関連企業・団体が集まり、ドローンを活用して神石高原町が直面... 続きを読む