Ehang、12月12日北米市場でIPO(株式店頭公開)達成

2019-12-13 掲載

兼ねてから予定されていたドローンメーカーEHangが12月12日に北米ナスダック市場に上場した。新株発行価格は12.5ドルで320万株を発行。時価総額は6億6200万ドル(約730億円)をマークした。初日の商いは12.55ドルと変動し、初日終値12.49ドルで商いを終了した。

12月12日店頭公開初日の商い

中国国内では物流用ドローンも好調で、さらに11月30日にはEhangは、広州ヘリチュアンシン不動産株式会社と提携し、「世界初の商業都市内観光UAM(都市空中移動)ルート」構想を打ち出したこととも記憶に新しい同社は、一昨年、昨年とまだ赤字状態であるが自立型空中車両(AAV= Autonomous Aerial Vehicle)の商業化は急速に展開している点からもまだまだ期待のできる部分は多い。

▶︎Ehang、パッセンジャードローンで観光フライトを計画中

Ehangの動きに、これからも目が離せない!

▶︎Ehang
[Category:]
[TAG : ]

関連する記事

Ehang、次の狙いは商業物流。150kg超Ehang216、CAACより商業物流業務承認

Ehangは、Ehang 216が、中国民間航空局(CAAC)の認可を得て、商業顧客向けに貨物輸送の試験運用を行うことを発表した。今回の承認は、2019年2月にCAACが公布... 続きを読む

Ehang、LNホールディングスと都市型エアモビリティテーマホテルで提携。商業的なパッセンジャードローンいよいよ誕生

2020年5月9日の調印式で確認された戦略的パートナーシップ契約に基づき、Ehang 216の自律型空輸車(AAV)が広州にあるLNガーデンホテルのパイロットプログラムに使用され、... 続きを読む

Ehang、スペインのセビリアで初のUAMプログラムでヨーロッパに進出

2020年3月10日の調印式に出席したセビージャ市長フアン・エスパダス・セハス氏とEHang創業者で会長兼CEOの胡華智氏 パッセンジャードローンでおなじみのEhangは、ス... 続きを読む

Ehang、パッセンジャードローンで観光フライトを計画中

Eangは、Ehang 216を使用して、本社所在地の広州で観光ツアーを開始する計画発表した。同社は、空飛ぶクルマやパッセンジャードローンなど多くの呼称があるなか自律型空中... 続きを読む

Day:01パッセンジャードローンのEhangはドローンの総合商社だった![深圳ドローン紀行]Vol.07

txt:田口厚 構成:編集部 香港でデモ騒ぎが起こる中、いざ香港経由で深圳へ! 長引く梅雨でまだ日本が涼しく感じた7月末、3年ぶりにドローンの聖地中国深圳に視察に赴きま... 続きを読む