Swift021日本国内初テストフライト成功

2019-12-27 掲載

スウィフト・エックスアイ株式会社は、2019年12月9日から13日にかけてVTOLドローンSwift021テストフライトを淡路市生穂新島地区において実施した。日本国内では初フライトとなり、自律飛行、ペイロード(可視光・赤外線カメラ使用)、写真測量、自動追尾テストを計10回行った。

テストフライトのメンバー アメリカ・カリフォルニア ソギレイク

安全性の確保には、操縦者の経験(飛行計画・リスクアセスメント・操縦技術など)が最も重要だと考えているという。安全に関して、同社COO(最高執行責任者)バルア氏は以下のようにコメントしている。

ドローンは小型航空機と認識するべきです。トラブル発生時の影響が大きく、航空機レベルの安全性確保が必要です。

スウィフト・エックスアイ株式会社は、兵庫県ドローン先行的利活用業務を受託しており、今後もドローン調査業務を推進し、操縦者が習得した技術のみならず、継続的な訓練を通じて、安全管理に努めていくという。

スウィフト・エックスアイ株式会社

関連する記事

神戸市、ドローンの先行的活用事業として最先端ドローン飛行調査を開始

神戸市は兵庫県と連携し、台風や大雨による沿岸部の被害調査や土砂災害の被害状況調査、空撮による貯水池の水質状況調査など、ドローンの活用を計画している。同事業の一例として2019年7月... 続きを読む

Coaido、Swift Xiの自動運転VTOL型ドローン「Swift020」とCoaido119アプリが連携した実動訓練の映像を公開、あわせて神戸市等のAED設置施設データをアプリに実装

Coaido株式会社は、2018年7月21日(土)に兵庫・神戸市にあるメリケンパークで開催されたスウィフト・エックスアイ株式会社が主催し、神戸市がサポートするVTOL(垂直離陸)型... 続きを読む

エアロセンス、スウィフト・エンジニアングと日本国内におけるVTOL事業化で協業を開始

「Swift 020」 エアロセンス株式会社の発表によると、スウィフト・エンジニアング株式会社とVTOL(垂直離着陸型固定翼ドローン)の日本国内における事業化について2017... 続きを読む