SkyDrive、「空飛ぶクルマ」有人飛行試験開始

2020-01-07 掲載

株式会社SkyDrive(以下「SkyDrive」)と有志団体CARTIVATOR(以下「CARTIVATOR」)は、2019年12月に日本初となる「空飛ぶクルマ」の有人飛行試験を開始した。

SkyDriveは航空機・ドローン・自動車のエンジニアが集う有志団体CARTIVATORメンバーを中心に発足した「空飛ぶクルマ」の開発・製造・販売を行うスタートアップ企業。

有人飛行試験では、SkyDriveは、屋内での飛行試験を経て、屋外飛行試験許可を取得する計画だという。今回の飛行試験では、飛行高度・飛行形態・フェール状態・緊急着陸等、様々なケースを策定し、徐々に複雑な動作/飛行をさせながら、安全性検証・操作確認・飛行実績を重ねて行くという。

2019年5月、SkyDriveとCARTIVATORは、豊田市と『新産業創出へ向けた「空飛ぶクルマ」開発に関する連携協定』を締結し、1万平米の開発拠点で、今回の有人飛行試験開始、2020年夏デモフライト、及び2023年の販売開始に繋げ、新たなモビリティ社会の創造に貢献していくという。

■空飛ぶクルマとは

空飛ぶクルマとは、「電動垂直離着陸型無操縦者航空機」と呼ばれ、電動化、完全自律の自動操縦、垂直離着陸が大きな特徴。

モビリティ分野の新たな動きとして、世界各国で空飛ぶクルマの開発が進んでおり、 日本においても都市部でのタクシーサービス、 離島や山間部の新たな移動手段、災害時の救急搬送などにつながるものとして期待されている。

既存の航空機に比べて低コスト・低騒音、かつ離発着場所もコンパクトになるため、空の移動がより日常的になると考えられている。

▶︎株式会社SkyDrive

関連する記事

SkyDrive、元三菱航空機副社長・岸信夫氏がCTOに就任、日本初の有人飛行試験における技術検証完了

有人飛行試験の様子  株式会社SkyDriveは、三菱航空機株式会社でチーフエンジニア、副社長と要職を歴任した岸信夫氏が、4月1日付で同社のCTO(最高技術責任者)に就任したこと... 続きを読む

Lilium、2025年までのエアタクシーサービスを目指し、さらに2億4000万ドルを調達

ドイツのeVTOL開発企業Liliumは、2億4000万ドル以上の内部資金調達ラウンドを完了し、これまでの総投資額は3億4000万ドル以上となったと発表した。 ... 続きを読む

Drone Champions AG、ドローンレースもいよいよ有人ドローンで競う時代へ!?

Joerg Mitter / Red Bull Content Pool 「DCL(ドローンチャンピオンズリーグ) - The Game」のクリエイター陣であるDro... 続きを読む

SkyDriveと大林組、重量物運搬ドローン「カーゴドローン」の建設現場における実証実験を共同で実施

今回使用した重量物運搬ドローン 株式会社SkyDriveと株式会社大林組は、「カーゴドローン」の建設現場における重量物運搬への活用に向けて、実証実験を共同で実施した。 ... 続きを読む

エアモビリティ?パッセンジャードローン?その名称を一度整理してみよう

■パッセンジャードローン定義 パッセンジャードローン:すべての無人運転プラットフォーム 個人用飛行機:個人利用のための無人運転プラットフォーム eVTOL:無人運転か... 続きを読む