トヨタ、空のモビリティの実現に向けてJoby AviationとeVTOLの開発・生産で協業

2020-01-16 掲載
JobyのeVTOL

トヨタ自動車(以下:トヨタ)は、CES2020で街づくりを宣言したが、加えて新たな空のモビリティ事業として、電動垂直離着陸機(eVTOL)の開発・実用化を進めるJoby Aviation(以下:Joby)と協業することを発表した。Jobyとの協業において、トヨタは自動車の開発・生産・アフターサービスで培った強みを活かし、今後、社会的ニーズが高まると予想される空のモビリティ事業の早期実現に向けた取り組みを開始するという。

今回Jobyと協業するにあたり、トヨタは生産技術の見地で、設計、素材、電動化の技術開発に関わるとともに、トヨタ生産方式(TPS)のノウハウを共有し、最終的には、高い品質、信頼性、安全性、そして厳しいコスト基準を満たすeVTOLの量産化を実現するとしている。

トヨタの代表取締役社長である豊田章男氏は次のようにコメントしている。

トヨタは、自動車事業に加え、今回、Jobyという力強いパートナーとともに、新たに“空”のモビリティ事業にチャレンジします。空のモビリティは、未来のモビリティ社会における人々の移動と生活を大きく変革する可能性を秘めており、空のモビリティの実用化はトヨタ創業以来の夢でもあります。今回の協業により、陸だけでなく空にも、移動の自由と楽しさをお届けするモビリティの実現に貢献できることを嬉しく思います。

JobyのCEOであり創立者であるジョーベン・ビバート氏は次のようにコメントしている。

今回の協業は、世界を代表する自動車メーカーによるJoby及びこの新しい産業に対する資金とリソーセス面での前例のないコミットメントです。トヨタは、その細部まで行き届いた製造工程がもたらす商品の品質と信頼性の高さで世界中に知られています。10億人以上の毎日1時間以上の通勤時間短縮を手助けするという私たちの夢の実現に向け、トヨタのエンジニアリングと優れた製造技術を活用できることを楽しみにしています。

なお、トヨタはJobyが合計5.9億ドルを調達したシリーズCの出資ラウンドのリードインベスターとして、3.94億ドルの出資を行い、また副社長である友山茂樹氏が同社の取締役に就任する。

トヨタ自動車
Joby Aviation

関連する記事

Wisk、Pete Kunz博士をCTOに迎え強化を図る

またUAMの世界に大きな動きが見られた。世界初の電気自動車タクシーを開発したUAM(アーバン・エア・モビリティ)企業であるWiskは、Pete Kunz博士が取締役として同社に参加... 続きを読む

Urban Aeronautics、CityHawk水素駆動化のためにHyPointと提携

イスラエル拠点のUrban Aeronauticsは、二酸化炭素排出量ゼロの水素電力をeVTOL CityHawkに実装する契約をHyPointと締結した。 ... 続きを読む

Lilium、Billie Giffordから投資を受け、総資金調達額を3億7500万ドルに拡大

ドイツのeVTOL開発企業Liliumは、Baillie Giffordから3500万ドルの資金調達を確保し、投資総額は3億7500万ドルとなった。 Liliumは現在、地上... 続きを読む

Kitty Hawk、個人用eVTOL「Flyer」開発中止へ

Google共同創業者ラリーペイジも出資するベンチャーKitty Hawkは、eVTOLプラットフォームであるHeavisideに注力するために、個人向けレクリエーション機「Fly... 続きを読む

Wingcopter、AUVSI XCELLENCE Awards 2020のファイナリストに選出

Wingcopterは、AUVSI(国際無人車システム協会)によるAUVSI XCELLENCE Humanitarian Awardのファイナリストに選出された。ドイツを拠点とす... 続きを読む