「Freeride World Tour Hakuba Japan 2020」でスマホ位置情報やドローンで選手の滑走データを表示した映像を配信

2020-01-22 掲載

一般社団法人白馬村観光局(以下:白馬村観光局)、KDDI株式会社(以下:KDDI)、京セラ株式会社(以下:京セラ)、Red Dot Drone PTE.LTD.(以下:RDD)は、FWTジャパン株式会社の協力のもと、2020年1月18日~1月25日の期間中で開催されているフリーライドスキー・スノーボード世界選手権「Freeride World Tour Hakuba Japan 2020」にて、滑走する選手の映像と、速度・高度・位置などのデータを組み合わせて、大型モニターにリアルタイム表示する新たな観戦体験の提供すると発表した。選手の滑走データを可視化することにより、観客は選手のパフォーマンスやレースの比較をより分かりやすく体感できるという。

大会映像配信のシステム構成図
※数字は伝送経路の順番

同大会では、標高約2,000メートルの雪山を4G LTEネットワークでエリアカバーする。雪山を滑走する選手の位置情報をもとにドローンが自動追尾・撮影した映像と、選手が持つ京セラ製スマートフォン「TORQUE G04」から取得する滑走データを組み合わせた映像を、会場内の大型モニターに伝送する。大会の映像は、インターネットスポーツメディア「SPORTS BULL」や国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局「J SPORTS」にも配信予定。白馬村観光局、KDDI、京セラ、RDD、FWTジャパン株式会社の役割は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

白馬村観光局

  • 本取組みへの協力支援

KDDI

  • FWT JAPAN 2020における新たな観戦体験の企画、推進
  • ライブ中継のための4G LTEによる通信環境整備
  • 「SPORTS BULL」や「J SPORTS」における本大会の配信調整

京セラ

  • 「TORQUE G04」の端末提供およびセンサー情報(速度・高度・位置)取得する技術協力

RDD

  • ドローンがGPS情報に基づき自動追尾する機能の提供
  • ドローンが自動追尾し空撮した映像をリアルタイムにサーバーへ配信する機能の提供
  • センサー情報を独自に開発したアプリより取得し、ドローンで空撮した映像へリアルタイムに滑走データの表示を行うシステムを提供

FWTジャパン株式会社

  • 本取組みへの協力支援
  • FWTのドローン撮影チームと合同で空撮映像を撮影
  • 全世界に放送する映像で使用
Freeride World Tour Hakuba Japan 2020

関連する記事

KDDI、ドローン目視外飛行をユーザー運用可能な「KDDIスマートドローン お客さま運用メニュー」開始

お客さま運用イメージ KDDIは、モバイル通信ネットワークに対応したスマートドローンの無人地帯における目視外飛行をユーザー自身で運用可能とする「KDDIスマートドローン お客... 続きを読む

KDDI、JAL、JRほか、ドローンによる医薬品配送や駅周辺フードデリバリーサービス実証実験実施

KDDI株式会社、日本航空株式会社、東日本旅客鉄道株式会社、株式会社ウェザーニューズ、テラドローン株式会社は、東京都(委託先:株式会社三菱総合研究所)の公募に対して、「東京都におけ... 続きを読む

KDDI、国内初の自治体運営によるドローン配送事業、伊那市支え合い買物サービス「ゆうあいマーケット」本格運用開始

配送に利用するドローンは、PRODRONEが提供するPD6B-type3 長野県伊那市は、KDDI株式会社と「空飛ぶデリバリーサービス構築事業」として実証を重ね構築した、ドローン... 続きを読む

KDDI、JR東日本、PRODRONEがスマートドローンを活用した線路設備点検の効率化実証実験を実施

KDDIは、東日本旅客鉄道株式会社(以下:JR東日本)と株式会社プロドローンの協力のもと、2020年2月4日・5日に鉄道用保守基地内において、スマートドローンを活用した線路設備点検... 続きを読む

KDDIとLG Uplus、スマートドローンプラットフォームに対応したCIRC社製ドローン「G6.0」日本と韓国で提供

KDDI株式会社とLG Uplusは、Coretronic Intelligent Robotics Corporation(CIRC) 製ドローン「G6.0」を2020年夏以降に... 続きを読む