TRCとiROBOTICS、ドローンを用いた施設管理サービスの開発に向け協業開始

2020-01-24 掲載

株式会社東京流通センター(以下:TRC)と、ドローンの社会実装に取り組む企業である株式会社アイ・ロボティクス(以下:iROBOTICS)は、ドローンを活用した新たな物流施設の運営・管理を目指して協業を開始する。協業の概要は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

  • TRCが所有する物流施設(物流ビルA棟)の一部区画(約1,200m2)を実証実験場所として提供
  • TRCが培ってきた物流施設の運営管理ノウハウからドローン活用シーンを検証
  • iROBOTICSが有する国内有数のマイクロドローン(直径8~19㎝、重量170g以下)の飛行制御システムの開発ノウハウにより、通常のドローンでは難しい屋内・狭所の飛行による産業用サービス開発を目指す
  • マイクロドローンの特性により、今まで困難であった物流施設内での点検作業を実現するとともに、同作業により可能となる新しいアプローチからソリューションを検討
  • 将来的には、ドローンとIoT(設備のセンサー等)により倉庫区画内外の様々な情報(不具合事象の傾向、倉庫内状況等)をデータ化し組みあわせることでデジタルツインソリューションを実現し、設計 や運営管理の高度化・効率化を目指す。
ドローン実証実験イメージ(TRC物流ビルA棟区画内にて撮影)

iROBOTICSは、三菱地所株式会社が実施した、ベンチャー企業からの事業提案を募る2018年度コーポレートアクセラレータプログラムにおいて優秀賞(203社のうち5社)を受賞した企業であり、物流施設内での実証実験・協業による研究開発はTRCとiROBOTICS両社にとって初めてのことだという。

TRCは、1967年の設立から現在に至るまで総面積約390,000㎡に及ぶ物流施設の保有・運営管理を行っているほか、自社保有以外で全国16物流施設の施設管理業務を受託するなど、長年に渡り物流施設の運営・管理に携わってきた。人手不足社会の到来を見据えた施設管理における“効率化”“省人化”という課題解決のみならず、倉庫区画内外の高所・狭所点検といった、現状は“人手では困難な”“従来の手法では難しい”などの視点も含めたサービス開発にも取り組んでいくという。

三菱地所グループは、既存の不動産業にとらわれないビジネスモデル⾰新を図るDX(デジタルトランスフォーメーション)推進に取り組んでいる。技術やアイデアを持つベンチャー企業とグループ内の豊富なリソースを組み合わせることにより、様々な側面から新たな事業機会の創出を目指していくとしている。

株式会社東京流通センター

関連する記事

アイ・ロボティクス、ライゾマティクス石橋素氏が顧問就任。DXソリューション開発・提供を加速

株式会社アイ・ロボティクスは、メディアアート、ライブエンターテインメント業界に置けるテクノロジー利用の第一人者で、株式会社ライゾマティクスの取締役である石橋素氏を顧問として迎えたこ... 続きを読む

アイ・ロボティクス、大阪事業所開設。関西・西日本エリアユーザーへサポート体制強化

株式会社アイ・ロボティクスは、関西・西日本におけるユーザーのサポート体制強化と、事業展開・産業用パイロット研修などの拠点として、大阪の近鉄難波ビルに事業所を開設する。 同社は... 続きを読む

Osaka Metro、アイ・ロボティクスと共同で、駅のホーム天井内の構造物点検にマイクロ・ドローン導入

写真はマイクロ・ドローンで撮影した天井内の状況 Osaka Metroは、株式会社アイ・ロボティクスと共同で、2020年2月中旬から駅のホーム天井内の構造物点検にマイクロ・ドロー... 続きを読む

アイ・ロボティクス、高所作業・壁面メンテナンスソリューションを第32回プラントショーでお披露目

株式会社アイ・ロボティクスは、11月20日から幕張メッセにて開催中の第32回プラントショーにて、高所作業・壁面メンテナンスソリューションを展示発表する。これまで同社は、ドローンやロ... 続きを読む

広島県神石高原町、防災・減災目的のドローンコンソーシアム設立

広島県神石高原町は、防災・減災を目的としたドローンコンソーシアムを設立する。 同コンソーシアムは、ドローン技術を持つ関連企業・団体が集まり、ドローンを活用して神石高原町が直面... 続きを読む