テトラ・アビエーション、米国での試験飛行許可取得。デモやテスト飛行が可能に

2020-02-25 掲載
teTra Mk-3E

テトラ・アビエーション株式会社は、実機体の米国内でのデモ飛行・テスト飛行を行うため米国連邦航空局(以下:FAA)との調整を行い、米国での試験飛行許可を取得した。日本企業としては初の許可取得だという。

同社は、航空機コンペGoFlyへの挑戦を通じ、米国での試験飛行許可を取得するために、米国連邦航空局による設計や安全性のチェック等を受け、商業化に向け実際に飛行させて、さらに実証実験を進めるとしている。

これにより現在開発中の垂直離着陸航空機teTra Mk-3Eは実機体での本格飛行運用試験フェーズに移行する。FAAからの一連の許認可はエア・モビリティ開発には欠かせないプロセスであり、航空業界において世界スタンダードだという。

試験飛行許可を受け2月27日~29日にかけてシリコンバレーにあるNASAエイムズ研究センターにて行われるGoFly世界大会決勝「Final Fly Off」に向けて試験飛行を開始し、GoFly世界大会決勝でも飛行することができる。また、今回取得した許認可に基づき、世界大会終了後も商業運用に向けた開発と試験を継続していく。

同社はこの航空機の開発を通じて、人が安全にして自由に空中を移動する社会を実現し、単に利便性を向上させるだけでなく、人と技術と産業が活発に交流する新しいまちづくりに貢献するとしている。

テトラ・アビエーション株式会社

関連する記事

GoFlyの100万ドル優勝賞金受賞者は未だなし。健闘するteTra Aviation

GoFlyが賞金100万ドルを個人の革新的なフライング・デバイスに与えるというが、まだ受賞者が決まっていない。5つの参加チームがすでに開催された飛行審査のファイナルに参加したが、い... 続きを読む

JAL、住友商事、Bellとエアモビリティ分野に関する業務提携を締結

日本航空株式会社(以下:JAL)と住友商事株式会社は、Bell Textron Inc.(以下:Bell)と、エアモビリティ分野における新規事業の創出、次世代インフラ事業の開発など... 続きを読む

総括:世界規模で成長するドローン。そのカテゴリーに止まらない進化に期待 [CES2020]

LVCCサウスホールのドローンエリア。入り口はDJIがブースを構える CES2020から見るドローンのトレンドとは? 昨年の総括でドローン市場は安定期に入ったと書いたが、そこに... 続きを読む

エアロネクスト、CES® 2020でエアモビリティの新コンセプト『空飛ぶゴンドラ』米国初お披露目

株式会社エアロネクストは、2020年1月7日(火)から10日(金)に、米ネバダ州ラスベガスで開催される世界最大級の家電技術見本市「CES® 2020」において、経済産業省が推進する... 続きを読む

空飛ぶ車「teTra」が資金調達。1/1サイズの試作機を製作

「teTra」離陸時イメージ画像 空飛ぶ車の開発を行っているテトラ・アビエーション株式会社は、第三者割当増資により約5,000万円の資金調達を行ったことを発表した。同社への投... 続きを読む