Drone Champions AG、ドローンレースもいよいよ有人ドローンで競う時代へ!?

2020-02-28 掲載
Joerg Mitter / Red Bull Content Pool

「DCL(ドローンチャンピオンズリーグ) – The Game」のクリエイター陣であるDrone Champions AGは、史上初となるロールやループなどのアクロバット飛行や有人可能なドローン「Big Drone」を発表した。

「Big Drone」は、Drone Champions AGの創設者Herbert Weirather氏の発案によるもので、彼がこの有人ドローンに実際に搭乗しテストプロセスを行った。ドローンの操縦はドローンチャンピオンズリーグの前回選手であるMirko CesenaがRCコントローラーを用いて行った。DCLは革新的なシリーズであり、2016年以来、時速160kmを超える小型レーシングドローン(クアッドコプター)の対面対戦における世界最高クラスのパイロットを集め、プロドローンレーシングの世界選手権として認められている。これまでドローンレースに使用される機体は限りなく小さかったがここ近年大きい機体のものでの競技も少なからず存在した。

数か月をかけて開発後、Drone Champions AGはドイツの屋内施設で2月上旬にのテストを行い、その後クロアチアのヴルサルで行った初の屋外テストでアクロバット飛行を成功させた。しかしながらまだレースに参戦するという完成度ではないのは映像を見ればお分かりの通りだ。

ドローンチャンピオンズリーグのCEOでもあるWeirather氏は、以下のようにコメントした。

我々は、真新しい未来のレース体験を創造し、「DCL – The Game」を通じてドローンパイロットを募集するというビジョンを持つ、史上初の有人曲技飛行ドローンを開発・構築しました。 誰もが飛行の機会を持つべきであり、「DCL – The Game」はその出発点となるでしょう。

Joerg Mitter / Red Bull Content Pool

Drone Champions AGはテストデータを使用して「Big Drone」の改良を続けるが、その間もパイロット志望者は、先日発売されたばかりの「DCL – The Game」をプレイして競技スキルを磨くことが可能だ。プレイヤーは最大30人のマルチプレイヤーモードで世界中のパイロットと自宅で対戦できる。

▶︎Drone Champions League公認ゲーム「DCL – The Game」発売―PS4でドローンレースを!

Flite TestのJosh Bixler氏は、以下のようにコメントした。

この経験は、マルチローターにとって新しい時代の始まりになると感じています。Flite Testの目標は常に、子供たちに興味をもってもらうことと、より大きなものを目指すことです。

将来的には有人ドローン機でレースが行われるようになるのだろうか?何にしても楽しみではある!

▶︎DCL

関連する記事

ドローンエンタテインメント、オンライン開催「獅子児祭」FPVドローン企画を支援

株式会社ドローンエンタテインメントは、新型コロナウイルスの影響で今年はオンライン開催される世田谷学園の学園祭「獅子児祭」にて、FPVドローン企画を支援する。 同プロジェクトは... 続きを読む

Apple、iPhone12発表プレゼンでドローンが宙に舞う。ドローンレーサ機でも安定映像の理由

ドローンレーサ機体に取り付けられたiPhone 12 Pro image via Apple Inc iPhone12の販売が開始された。先日アップル発表された新機種iPh... 続きを読む

DRL、トーナメントをオンライン開催。併せてDrone Racing League SimulatorもXBOXで発売

ドローンレースを展開するDRL(The Drone Racing League)は、コロナ禍なども鑑み、2020 DRL Allianz World Championshipをシュ... 続きを読む

EHang、消防用ドローン「EHang 216F」発表。多発する高層階火災に有用か

AAV(自律型空撮車)技術プラットフォーム企業であるEHangは、EHang 216をベースに新しい消防バージョン「EHang 216F」を発表した。EHang 216Fは高層ビル... 続きを読む

大阪初開催、大企業と海外は出展無し。点検・測量向けに集中 [第6回国際ドローン展]

6回目を迎えた国際ドローン展の現場から 毎年4月に幕張メッセで開催されている国際ドローン展が第6回目を迎えた。今年は東京から大阪に場所を移し、インテックス大阪で7月29日から3日... 続きを読む