DRONE

BIT、NSW、doが「建築検査学コンソーシアム」設立。AI・ドローンなどの先進技術に公正・適正な建築検査手法を推進

BIT、NSW、doが「建築検査学コンソーシアム」設立。AI・ドローンなどの先進技術に公正・適正な建築検査手法を推進

株式会社建築検査学研究所(以下:BIT)と日本システムウエア株式会社(以下:NSW)、do株式会社は、先進技術を用いて建築検査・調査に関する正しい知識・手法を全国に広げることを目的に「建築検査学コンソーシアム」(以下:コンソーシアム)を設立した。

1.設立趣旨

従来の建築検査・調査は、担当者の知見や経験値に依存することが多く、作成された検査報告書が問題を引き起こす原因になることも考えられる。同コンソーシアムは、国土交通省や日本建築学会等の委員を歴任してきた、BIT代表 大場氏の建築検査学をベースに作成したAIソリューションとドローンなど先進技術を用いて、より多くの企業へ正しい建築検査・調査の知識や手法を広く普及させることを目的に設立。

2.コンソーシアムの概要

同コンソーシアムは、BIT代表 大場氏を中心に、共同研究企業のNSW、運営事務局のdoの3社により設立。また、BITの実務を委託されてきた株式会社FLIGHTSが設立当初の実務を支援する。今後は、同コンソーシアムの理念・目的に共感する会員企業を募り、各社のノウハウや事例を共有し、全国各地で画一的な建築検査・調査を実施するための活動を推進するとしている。

3.コンソーシアムの活動内容

(1)建築検査において必要な技術・手法の研究
(2)上記で培われた建築検査技術・手法の実践
(3)会員に対する教育活動
(4)勉強会、講演会、セミナー等の開催
(5)コンソーシアムにおける活動・成果の発信
(6)その他コンソーシアムの目的達成のために必要な事業

赤外線画像AI分析ソフトウェアサービス

ひび割れAI判定ソフトウェアサービス

Return Top