Liberaware、図書館の「AI蔵書点検システム」試験導入において特殊小型ドローン「IBIS」の書架自動撮影検証を実施

2020-03-13 掲載
自動巡回の様子

株式会社Liberawareは、京セラコミュニケーションシステム株式会社(以下:KCCS)の千葉県船橋市・西図書館における「AI蔵書点検システム」試験導入に伴い、蔵書点検の無人化を目指し、特殊小型ドローン「IBIS」の自動飛行・撮影と「AI蔵書点検システム」との連携について検証を実施する。

船橋市は、AIの積極的な活用に取り組んでおり、公民館図書室における蔵書点検業務の負荷軽減・効率化を目標に、KCCSと共に船橋市西図書館にAI蔵書点検システムの環境を構築し、2020年3月12日から試験導入を開始。書架一面の撮影には、タブレット端末を用いた手動撮影に加え、Liberawareの特殊小型ドローン「IBIS」による自動撮影を試験的に行い、無人化を目指す。

IBISは、あらかじめプログラミングしたルートどおりに自動飛行を行う世界最小クラスの産業用小型ドローン。無人化にあたり、多くの自動撮影が可能な自動飛行ドローンは、大きいサイズ(200g以上)が多く、図書館内で飛行するサイズとしては、張り紙や本等の設備への影響から現実的ではなかったが、手のひらサイズのIBISは設備への影響リスクが最小限であることから、両社は共同で検証を行うという。

■自動巡回型小型ドローン「IBIS」について
  • サイズ:190×180×50mm(プロペラガード込み)
  • 重量:190g(バッテリ込み)
  • 飛行時間:最大9分間
  • 装備類:自動飛行ユニット、FullHDカメラ、LED照明、防塵用モーター他
■「AI蔵書点検システム」について

KCCSが提供する公共図書館システム「ELCIELO」と画像解析AIを組み合わせたシステム。図書館の書架一面を撮影し、撮影した棚の背表紙データと、「ELCIELO」に登録されたその棚の範囲の蔵書データを画像解析AIに取り込み、マッチング分析し、蔵書点検を行う。これにより手作業で1点ずつ点検することなく、棚単位でまとめて蔵書点検を行うことが可能。

株式会社Liberaware

関連する記事

Liberaware、第三者割当増資による資金調達実施。IBIS次世代機開発・データプロバイダ事業を加速

株式会社Liberawareは、2019年9月にNECキャピタルソリューション株式会社と株式会社ベンチャーラボインベストメントが運営する価値共創ベンチャー2号有限責任事業組合(以下... 続きを読む

Liberaware、一酸化炭素検知機搭載ドローンの開発を開始。屋内の有害ガスをドローンで検知

株式会社Liberawareは、屋内環境において、一酸化炭素(CO)や硫化水素(H2S)といった有毒ガスを検知する機能を搭載した産業用小型ドローンの開発を開始した。 同社は、... 続きを読む

Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

株式会社Liberawareは、2019年4月上旬より屋内の狭所空間で利用できる点検用ドローンのレンタル事業を開始する。 同レンタル事業は、屋内空間の点検作業に用いる... 続きを読む

非GPS型小型産業ドローン事業を展開するLiberawareが第三者割当増資を実施

株式会社Liberawareは、日本初のドローンスタートアップに特化した専門ファンドDrone Fund、株式会社ORSO、株式会社Aerial Lab Industriesを引き... 続きを読む