Ehang、スペインのセビリアで初のUAMプログラムでヨーロッパに進出

2020-03-24 掲載
2020年3月10日の調印式に出席したセビージャ市長フアン・エスパダス・セハス氏とEHang創業者で会長兼CEOの胡華智氏

パッセンジャードローンでおなじみのEhangは、スペインのセビリア市政府と、スペイン初の都市型エアモビリティ(UAM:Urban air mobility)パイロットプログラムの実施に向けた協力協定を締結したと発表した。

同協定では、Ehangがセビリア市政府と協力して、同市における旅客輸送、航空物流、指揮統制プラットフォームを含む都市型エアモビリティの開発に取り組むことが明記されている。また、セビリア市は、スペインや欧州の法律に基づいた試験飛行の許可申請に協力し、飛行ルートの計画においてもEhangとの調整を行うという。

さらに、Ehangは、セビリアを起点とするフェルディナンド・マゼランの世界一周航海500周年を記念して、空中ライトショーを実施する。Ehangは、探査の歴史の中でセビリアの地を記念して、セビリアとパートナーを組むことを光栄に思うとともに、セビリアと協力して輸送技術の新たな局面を実現することを期待しされている。

セビリアのフアン・エスパダス・セハス市長が以下のようにコメントした。

世界有数のUAV企業であるEhang社との提携は、セビリアにとって大きなチャンスです。

セビリアはヨーロッパの航空産業における豊かな遺産を持っており、スペインとヨーロッパの両方でEHang社のAAV試験、運用、許可申請を促進することができると信じています。

セビリアでのEhang社の初飛行を楽しみにしており、我々の協力が欧州でのUAMエコシステムの商業化を促進することを期待しています。

Ehangの創設者であり、会長兼CEOである胡華智氏は以下のようにコメントした。

セビリアは2,000年の歴史の中で豊かな文化を育んできましたので、この古都に新しいUAM技術をもたらすためにセビリア政府と協力できることを嬉しく思います。セビリアの旧市街には、自動車が通行できない古くて細い道がたくさんあります。

私たちのAAVは、交通渋滞を緩和し、歴史的セクターをより良く保存するために、セビリア市にとって素晴らしい解決策になると信じています。また、人気の観光都市であるセビリアでは、世界中からの観光客が空路でセビリアの壮大な街並みを体験できるように、観光のための飛行ルートを開放していきたいと考えています。

Ehangスペイン&ラテンアメリカのビクトリア・ジンシアンCEOは以下のように言及した。

セビリアとの戦略的パートナーシップを確立し、ヨーロッパにおけるUAM都市の良いお手本となることを嬉しく思います。セビリアはスペイン初のUAMパイロット都市であり、私たちのパートナーシップにより、より革新的でインテリジェントで持続可能な都市になると確信しています。

歴史の先駆者として、セビリアはコロンブスの新世界発見の出発点として、またマゼランの世界一周航海の出発点として、国際的に高い評価を得ています。

今日、セビリアはEHangで再び出航し、近い将来、スペインとヨーロッパの都市型エアモビリティ開発をリードすることになるでしょう。

欧州委員会の都市移動報告書によると、欧州市民の60%以上が1万人以上の人口を抱える都市部に住んでおり、交通渋滞や大気汚染に直面している。EUの渋滞は毎年1000億ユーロ近くの費用がかかり、EUの年間GDPの1%を占めている。

スペインにおけるUAM開発のフロントランナーとして、セビリアは、都市の立体交通の変革を促進するためのEUのEIP-SCC(スマートシティとコミュニティに関する欧州イノベーション・パートナーシップ)プロジェクトが2017年に立ち上げたUAMイニシアチブ都市共同体に参加した。

近年、UAMは都市交通の効率的かつ環境に優しいソリューションとして台頭してきている。EIP-SCCの都市の空の移動に関する報告書によると、UAMは人や貨物の輸送に便利な方法を提供するだけでなく、欧州連合のために10万人以上の雇用を創出する可能性があるという。

▶︎EHang

関連する記事

DRONE FUND、3号ファンド設立。目標調達額100億円、ドローン・エアモビリティ社会実装を牽引

投資先企業(一部)のプロダクトイメージ DRONE FUND(以下:ドローンファンド)は、2020年5月に目標調達額を100億円とする「DRONE FUND 3号投資事業有限... 続きを読む

スカイリンクテクノロジーズ、空飛ぶクルマのコンセプトは「どこでもドアの一歩手前」 [Japan Drone 2020]

スカイリンクテクノロジーズ株式会社は、パーソナル・プレーン・開発・プロジェクト「P.P.K.P」の模型を展示し、2025年には有人機完成を目指すという構想を披露した。コンセプトは「... 続きを読む

Autoflight、V400発表、つづく新eVTOL機ライナップもアナウンス〜Yuneec創始者が見る夢は?

中国とドイツを拠点とするAutoflightは、物流や旅客輸送のためにさらなる大型eVTOL開発を行っている。最新貨物用ドローン“Albatross(V400)”を中国深圳で開催さ... 続きを読む

SkyDrive、「有人機SD-03」で公開飛行試験成功

株式会社SkyDriveは、2020年8月25日に同社の開発拠点である、1万m2の屋内飛行試験場を備えた豊田テストフィールドにて公開有人飛行試験を実施し、成功のうちに完了したことを... 続きを読む

EHang、航空救急車開発国際プロジェクト「Ambular」に参加

AAV技術プラットフォーム企業であるEHangが、医療救急用のAAV開発を目指す国際プロジェクト「Ambular」への参加を決定した。このプロジェクトは、ICAO(国際民間航空機関... 続きを読む