A.L.I.、森林の樹高計測が即時可能となるドローンソリューション開発

2020-03-25 掲載
実地飛行調査中のドローン

株式会社A.L.I. Technologies(以下:A.L.I.)は、森林の状況を把握する樹木調査のひとつである樹高計測を即時可能とするドローンソリューションを開発した。これまで主に、人が地上から木の高さに合わせてポールを伸び縮みさせて樹高を測定していたことと比較すると、省時間化および省人化にメリットをもたらすという。

森林高度把握ドローン

森林高度把握ドローンは樹木の本数を測りながら飛行し、樹高を計測することが可能。その精度は95%(同社調べ)を誇り、地図データに測定内容をマッピングしていくことも可能だという。

ドローンが飛行しながら即時に樹高を計測

A.L.I.はドローンとAIソフト開発を組み合わせたこのドローンソリューションを提供することにより、危険で手間のかかる作業から解放されるだけではなく、間伐という森林育成に重要な作業の更なる効率化に加え、災害時の倒木による被害を防ぐとともに、森林育成調査の精度アップにも繋がることを目指すとしている。

株式会社A.L.I. Technologies

関連する記事

DNV GLとScout Droneがドローン技術とAIを活用し、より安全・迅速・安価に海上タンク検査を実施

Altera InfrastructureおよびDNV GLとの提携により、Scout Drone Inspection社はドローンを使用して、浮体式の生産・貯蔵・積出船であるペト... 続きを読む

JIW、提携企業10社と「ドローンによるインフラ点検ネットワーク」構築

株式会社ジャパン・インフラ・ウェイマーク(以下:JIW)は、2020年4月20日公表の資本業務提携等による今後の更なるインフラ点検事業の拡大に伴い、各地域でのインフラ点検パイロット... 続きを読む

A.L.I.、屋内の狭小空間点検用の新たな球体ドローン開発

株式会社A.L.I. Technologies(以下:A.L.I.)は、屋内での狭小空間点検を行う球体ドローンを新たに開発した。これにより、管路やトンネル等の点検作業員が危険な狭小... 続きを読む

A.L.I.、170gのレーシングドローン2020年1月に予約販売開始

A.L.I. Technologiesは、「JAA-TWIG Ver 1.0 Lightning」の販売開始する。このドローンは、機体総重量が200g未満と航空法の規制対象外であり... 続きを読む

A.L.I.、空のトラフィック管理プラットフォーム「C.O.S.M.O.S」開発完了

エアモビリティ社会実現のテクノロジーリーダーである株式会社A.L.I.Technologies(以下:A.L.I.)は、UAV無人航空機(ドローン)の群制御、航空管制を可能にするト... 続きを読む