DRONE

Draganfly社、地雷探知用のドローンベースAIソリューション開発発表

Draganfly社、地雷探知用のドローンベースAIソリューション開発発表

Draganfly社は、Windfall Geotek社と基本合意書を取り交わしたことを発表した。この基本合意書は、防衛、人道支援、および専門企業が地雷探知用のAI駆動型無人航空システムを開発することを支援するという内容だ。

Windfall Geotek社は2005年に設立され、AIおよび高度な知識抽出技術利用におけるリーダー的なデータサービス企業だ。基本合意書には、Windfall Geotek社がDraganfly社と契約し、Windfall Geotek社のAIソフトウェアを利用できるハードウェアの研究、開発、およびエンジニアリングのサポートを行うことが記載されている。

基本合意書の目的は、無人航空システムを利用して地雷、不発弾、即席爆発装置の検出と除去を行う、Windfall Geotek社のAI駆動型ソリューションの商品化を推し進めることだ。

政府とNPOは、2018年、地雷に対する国際的・国内的な支援に合計で7億米ドル近くを拠出しており、地雷が及ぼす経済的影響は1,000億ドルと推定されている。この基本合意は、2社が事前に設定したマイルストーンを達成するまで継続するという条件になっている。

Windfall Geotek社の会長であるDinesh Kandanchatha氏は以下のように述べている。

Draganfly社と協力し、コア製品の提供強化ができることを非常に嬉しく思っています。AIと機械学習を組み合わせることで、ドローンを用いた地雷探知法に変化をもたらすことができます。Draganfly社のエンジニアリングに関する専門知識、業界をリードする製品やテクノロジーと組み合わせることで、採掘、石油およびガス、軍事用途の可能性は無限に広がるでしょう。

Draganfly社CEO、Cameron Chell氏は以下のように述べた。

Windfall Geotek社は15年以上事業を継続しており、そのリーダーシップには確かな実績があります。Draganfly社のドローン、テクノロジー、専門知識を活用した商品化戦略を用いたチームと協力できることを嬉しく思います。

Return Top