Lilium、2025年までのエアタクシーサービスを目指し、さらに2億4000万ドルを調達

2020-04-02 掲載

ドイツのeVTOL開発企業Liliumは、2億4000万ドル以上の内部資金調達ラウンドを完了し、これまでの総投資額は3億4000万ドル以上となったと発表した。

今回のラウンドはテンセントが主導し、アトミコ、フレイジスト、LGTなどの既存の投資家が参加した。Liliumは、今回の資金はLilium Jetのさらなる開発を支援するとともに、2025年の早ければ2025年に地域限定のエアモビリティサービスを開始することを目指して、連続生産の準備を進めるために使われると述べている。

リリウムの最高財務責任者であるクリストファー・デルブリュック氏は、以下のようにコメントしている。

今回の追加資金調達は、投資家の皆様が当社の現物製品とビジネスケースの両方に深い信頼を寄せてくださっていることを裏付けています。過去数年間、投資家のサポートと指導に大いに助けられてきましたので、投資家の皆様と社内ラウンドを完了できたことを大変嬉しく思います。

Liliumの追加資金は、eVTOLのLilium Jetを認証と量産に近づけるのに役立つだろう

5人乗りの「リリウム・ジェット」は、フラップに36個のダクト付きファンを搭載した「チルトジェット」機で、航続距離は300km(186マイル)を予定している。同社によると、ロサンゼルス-サンタバーバラ間の130kmを30分以内で、ミュンヘン-フランクフルト間の298kmを1時間程度で移動できるという。2019年5月には本格的なプロトタイプが初飛行し、10月には第一段階の飛行試験を終えた。

しかし、同社は2月27日にミュンヘン近郊の同社本社で地上メンテナンス中に発生した火災で、最初のリリウム・ジェット試作機が破損したという挫折に見舞われた。ウォーカー・ジョーンズ氏によると、負傷者は出なかったとのことで、同社では原因の究明を進めている。

根本原因の分析が完了し、必要な措置が取られた後は、2機目の実証機を使用した飛行テストキャンペーンを継続する予定だという。また、Liliumは最近、最初の製造施設の建設を完了し、間もなく第2の製造施設も建設予定だ。

ウォーカー・ジョーンズ氏は、航空宇宙企業をゼロから開発するという「かなり斬新な挑戦」を強調した。例えば、Liliumでは、現在同社で働いている400人のスタッフを採用するのに苦労したと言う。

Liliumで働くスタッフの多くは、確立された航空宇宙企業から来ており、私たちは非常に迅速に成熟した航空宇宙組織に成長することができます。Lilium-jetは2025年に商業運航を開始する計画で、同社の10周年を迎えます。関係当局との認証取得に向けた協議が順調に進んでおり、目標達成に向けて順調に進んでいます。

この5年間で本当に現実味を帯びてきた。また、バッテリーやアビオニクスなど、Lilium社のサービスを支える技術にも確かな進歩があったと言える。

Lilium Jetは持続可能な原則に基づいて考案されたもので、その完全な電気エンジンとゼロエミッションの運転は、問題の一部ではなく解決策の一部です。また、技術開発だけでなく、自律飛行を実現するには、国民や規制当局の受け入れが必要です。それは時間の問題です。

高密度輸送ルートがeVTOLに取って代わられる可能性は現段階では低いが、地域輸送を強化する上で重要な役割を担っていると言える。この分野の他の企業と同様に、Liliumは「完全自律性」に大きな可能性を見出しており、航空機はすでにかなりのレベルの自動化を実現しているが、少なくともサービス開始から数年間はパイロットと一緒に運航することになる。

同社には、以前にアウディの自律走行プログラムを率いていたミルコ・ロイター氏が率いる自律走行チームも所属している。

▶︎Llilium

関連する記事

Wisk、Pete Kunz博士をCTOに迎え強化を図る

またUAMの世界に大きな動きが見られた。世界初の電気自動車タクシーを開発したUAM(アーバン・エア・モビリティ)企業であるWiskは、Pete Kunz博士が取締役として同社に参加... 続きを読む

Urban Aeronautics、CityHawk水素駆動化のためにHyPointと提携

イスラエル拠点のUrban Aeronauticsは、二酸化炭素排出量ゼロの水素電力をeVTOL CityHawkに実装する契約をHyPointと締結した。 ... 続きを読む

Honeywell、UAM向け冷却システムHoneywell Micro Vapor Cycle System発表

都市部のエアモビリティへの関心が高まる中、Honeywellは、新しいMicro Vapor Cycle System(マイクロ蒸気サイクルシステム以下:MicroVCS)を発表し... 続きを読む

Lilium、Billie Giffordから投資を受け、総資金調達額を3億7500万ドルに拡大

ドイツのeVTOL開発企業Liliumは、Baillie Giffordから3500万ドルの資金調達を確保し、投資総額は3億7500万ドルとなった。 Liliumは現在、地上... 続きを読む

Kitty Hawk、個人用eVTOL「Flyer」開発中止へ

Google共同創業者ラリーペイジも出資するベンチャーKitty Hawkは、eVTOLプラットフォームであるHeavisideに注力するために、個人向けレクリエーション機「Fly... 続きを読む