DRONE

ジオリンクジャパン、DJI社製RTKドローン専用後処理補正ソフト「KLAU PPK-J Desktop for DJI RTK」発売開始

ジオリンクジャパン、DJI社製RTKドローン専用後処理補正ソフト「KLAU PPK-J Desktop for DJI RTK」発売開始

株式会社ジオリンクジャパンは、DJI社製RTKドローン専用後処理補正ソフト「KLAU PPK-J Desktop for DJI RTK」の発売を開始した。

同ソフトは、UAV写真測量システム開発をリードするKLAU Geomatics社とジオリンクジャパンによって共同開発され、日本の測量向けにローカライズされたもの。画面に表示される5つのステップで簡単に高精度な測位情報の取得が可能だという。

同社で取扱っていた「KLAU PPK-J Desktop for P4 RTK」が、今回DJI社製ドローンMatrice 210 V2 RTK(以下:M210 RTK)に対応したことで「KLAU PPK-J Desktop for DJI RTK」と改名しアップグレードした。

同ソフトは、DJI社製RTKドローンに備わっているPPKモードを使用して得た位置情報を、仮想基準点情報によって後処理補正する方式(=PPK測位方式)を採用しており、RTK測位方式に比べ測量機器の設置や携帯電話通信網の確保を必要とせず、現場での作業時間を大幅に削減することができる。更に今回M210 RTKとDJI社製ZENMUSE X7カメラの組み合わせに対応したことで、Phantom 4 RTKでは実現できなかったより安全な高度からのフライトを広範囲に実行できるようになったという。

■KLAU PPK-J Desktop for DJI RTKの3つのスマート機能

  1. スマート読み込み機能>

    RTKドローンで測位情報を取得後、生成されるPPKファイルおよびシャッター信号ファイルを形式を変えずにそのままソフトに読み込んで処理を始められる。また、後処理補正に必要な電子基準点補正情報(Rinexファイル)の自動ダウンロードがソフト上で無制限(1年ごとに更新費用必要)に利用できる。

  2. スマートオフセット機能>

    RTKドローンのカメラジンバルとGNSSアンテナ位置を考慮したオフセット値を、機体のIMU情報を用いて自動校正する。

  3. スマートジオタグ機能>

    後処理補正後、世界測地系と日本のジオイドモデルへの変換を自動的に行う。また、出力には用途に応じて「CSV出力」か「画像のExif情報の上書き」を選択できる。
Return Top